雨の日の運転で安全を守る!狛江エリアでの注意点

雨の日の運転は特別な注意が必要です。特に都市部では、雨水による路面の滑りやすさなど、様々な危険が待ち構えています。この記事では、雨の日の運転におけるリスクとその対策、特に狛江エリアでの運転に焦点を当てて解説します。
狛江自動車学校
ロゴ
交通事故を最小限に抑えることを使命として、狛江で教習所を営業しております。指定自動車教習所の指導員の資格を持つスタッフが、温かく丁寧な指導により、受講者様の運転免許の取得を全面的に支援いたします。
狛江自動車学校
住所:

〒201-0003

東京都狛江市和泉本町1-1-2 松坂ビル3階

電話番号:
03-6824-7920

雨の日の運転で起こりやすい事故

雨の日の運転には、明らかなリスクが含まれています。そのリスクを理解すれば、より安全な運転を実現することができます。

視界の悪化

雨の日の運転では、視界の悪化が特に大きなリスクとなります。激しい雨が降ると、運転者は前方がほとんど見えない状況に直面することもあります。雨滴がフロントガラスに張り付いたり、ワイパーの動作が追いつかなかったりすることで、運転者の視界はさらに悪化します。また、雨が降り続けることで道路が水浸しになり、スプラッシュや水しぶきが発生することもあります。これらの要素が合わさると、運転者は前方の車両や交差点、歩行者などを見逃す可能性が高まります。そのため、雨の日の運転では特に注意が必要であり、視界の確保を最優先にすることが求められます。ウィンドウを清潔に保ち、ワイパーの適切な使用、必要に応じてヘッドライトを点灯させることで、視界を確保する努力が必要です。また、前方を見通すことが難しい場合は、周囲の車両の動きや信号の変化により敏感に反応し、予測運転を心がけることも重要です。雨の日は路面状況も変化しやすく、急ブレーキや急ハンドルを避けるためにも、事前に視界を確保し、適切に車間距離を保つことが安全な運転につながります。

路面の滑りやすさ

雨の日の運転において、もう一つの重要な要素は路面の滑りやすさです。雨水が路面に溜まり、タイヤとの間に水膜ができることで、ブレーキの効きが悪くなったり、急な方向変更が困難になったりします。特に、急ブレーキを踏んだ場合にタイヤがロックしてしまい、スリップやハイドロプレーニングと呼ばれる現象が発生することもあります。このような状況では、車両のコントロールを失いやすくなり、事故へと繋がる恐れがあります。したがって、雨の日の運転では路面の滑りやすさに注意を払う必要があります。適切なスピードを保ち、急ブレーキや急ハンドル操作を避けることが重要です。さらに、変速時や急なカーブなどでタイヤが滑らないように、アクセルやブレーキの操作をスムーズに行うことも大切です。また、タイヤの溝の状態も重要であり、減って摩耗したタイヤは滑りやすくなるため、定期的な確認や交換を行うことが推奨されます。さらに、路面の凹凸や水たまりなどにも注意が必要です。水たまりに入ると突然車両が浮いてしまう可能性があるため、なるべく回避するか、ゆっくり運転することが望ましいです。雨の日の運転では視界の悪化と路面の滑りやすさの両方に留意しながら、慎重かつ安全な運転を心掛けましょう。

雨の日の運転での注意点

上記のようなリスクを軽減するため、以下のことを心に留めておきましょう。

速度を落とす

雨の日の運転において、速度を適切に落とすことは大切なポイントです。視界の悪化や路面の滑りやすさなど、様々なリスクがあるため、速度を落とすことで安全な運転を実現することができます。

まず、速度を落とすことによって、視界が悪い状況でも反応や判断がしやすくなります。雨の日は前方が見えにくくなるため、十分な距離を確保するには速度を落とす必要があります。適切な速度で走行することで、前方の車両や交差点、歩行者などに対して適切な反応時間を確保できます。

また、速度を抑えることで車両のコントロールも容易になります。路面の滑りやすさが増す雨の日には、急ブレーキや急ハンドルを回避するためにも、適切な速度で走行することが重要です。速度が高いとタイヤのグリップ力が低くなり、スリップやハイドロプレーニングなどの危険性が高まります。適切な速度を守ることで、安全な走行を実現できます。

さらに、速度を落とすことでブレーキング距離も短くなります。雨の日の路面は滑りやすく、急ブレーキを踏んだ場合に車両がスリップする可能性があります。適切な速度を維持することで、急な停止を回避し、事故のリスクを低減することができます。

ただし、速度を落としすぎて他の車両の流れに逆らうことも避けるべきです。交通の流れに合わせながら、適切な速度を保つことが求められます。時には後続車両からの接近があるかもしれませんが、安全な速度で走行することが最優先です。

雨の日の運転では速度を落とすことで、視界の確保や車両のコントロール、急ブレーキ時の安全性を向上させることができます。常に周囲の状況を把握し、適切な速度を守ることで安全な運転を心掛けましょう。

安全な車間距離を保つ

雨の日の運転において、安全な車間距離を保つことは非常に重要です。車間距離が不十分な状態では、突然のブレーキや前方の状況変化に対応できない恐れがあります。そのため、安全な運転を実現するためには、適切な車間距離を確保することが必要です。

車間距離を保つことによって、予期せぬ事態に対して十分な反応時間を確保できます。雨の日はブレーキの効きが悪くなるため、前方の車両が急ブレーキを踏んだ場合には、十分な距離を取っておくことが重要です。安全な車間距離を確保することで、必要な場合にはゆっくりとブレーキを踏んで減速することができます。

また、車間距離を保つことは後続車両への配慮ともなります。雨の日は路面の滑りやすさも増し、後続車両のブレーキングやハンドリングの制約も大きくなります。十分な車間距離を確保することで、後続車両も安全な走行を行いやすくなります。

さらに、適切な車間距離は事故を未然に防ぐ役割も果たします。前方の車両が急ブレーキを踏んで停止するなどの状況に直面した場合、十分な車間距離があれば、自身の車両も安全に停止することができます。車間距離が不十分だと、リアエンド衝突や追突事故といった危険性が高まります。

では、どれくらいの車間距離を確保すればよいのでしょうか。一般的には、2秒以上の車間距離を保つことが推奨されています。前の車が通り過ぎる地点や固定の目印を基準にして、自身の車両と前の車両の間の時間を計測できます。

雨の日の運転では、速度を落とし、安全な車間距離を保つことで、急ブレーキや事故のリスクを軽減することができます。常に周囲の車両との距離を確認し、安全な運転を心掛けましょう。

狛江エリアでの運転

ここからは、特に狛江エリアでの運転に焦点を当ててみましょう。

交通流の特徴

続いて、狛江エリアにおける雨の日の運転に焦点を当ててみましょう。まず交通流の特徴について考えてみましょう。

狛江エリアは都市部に位置し、雨の日でも交通量が多いことが特徴です。朝夕の通勤時間帯や週末など、特に混雑する傾向があります。そのため、雨の日には通常よりも多くの車両が道路上に存在することが予想されます。

このような状況では、出発時間を適切に調整することが求められます。早めの出発を心掛けることで、渋滞に巻き込まれるリスクを減らすことができます。また、交通情報を事前にチェックして、渋滞が予想されるルートを避けることも重要です。代わりに、交通量の少ない道路を選択することで、より円滑な運転が可能となります。

さらに、信号機や交差点での対応も注意が必要です。通常よりも多くの車両が交差点周辺に集中することが予想されるため、信号の変化や交差点の進行状況をしっかりと確認する必要があります。緑信号の時間やタイミングを把握し、安全かつ迅速に交差点を通過することが求められます。

また、狛江エリアは道幅が狭い場所や一方通行の道路が多いエリアもあります。これらの道路では、雨の日には特に注意が必要です。対向車とのすれ違いが難しくなるため、適切な速度で走行し、必要に応じて道路の中央を通ることも検討しましょう。さらに、路面の凹凸や水たまりにも注意が必要です。予期せぬ道路状況に対応するためにも、慎重な運転を心掛けましょう。

狛江エリアにおいては、雨の日の運転時に交通量が多くなること、道路の狭さや一方通行の道路が存在することなどが特徴として挙げられます。これらの特徴に留意しながら、安全かつ円滑な運転を心がけましょう。

道路環境の特徴

狛江エリアにおける雨の日の運転に焦点を当て、道路環境の特徴について考えてみましょう。

狛江エリアでは道路が狭く、交通量が多い場所が存在します。これは都市部ならではの特徴です。雨の日には、道路の狭さや交通量の増加がさらなる課題となります。そのため、事前に道路状況を把握し、安全な運転を心がけることが重要です。

道幅の狭い場所では特に、車両同士のすれ違いや駐車スペースの確保が難しくなります。雨の日は視界が悪化し、道路の状況把握が困難になるため、反対車線や歩行者、自転車などに対しても注意深く配慮する必要があります。また、路面状況も変化しやすいため、急ブレーキや急ハンドルを避けるためにも、適切な速度で進行することが求められます。

さらに、一方通行の道路も多い狛江エリアでは、道路のルールを守ることが重要です。逆走や道路標識の無視は大きな事故のリスクとなります。雨の日には特に、適切な案内や標識を確認し、正しいルートを選択することが必要です。

また、狛江エリアでは水たまりや排水の悪い場所も存在します。雨水が溜まることで路面の滑りやすさが増し、車両の制御が難しくなる可能性があります。これらの場所では、可能な限り水たまりを避けるか、ゆっくりと進行することが望ましいです。

狛江エリアにおける雨の日の運転では、道路の狭さ、一方通行の道路の存在、水たまりなどの特徴に留意しながら、安全な運転を心掛けましょう。事前に道路情報を確認し、周囲の車両や交通ルールへの配慮を怠らないことが重要です。

運転時に活用できるテクニック

雨の日の運転は慣れが必要です。慣れるまで以下のテクニックを活用してみてください。

ワイパーの効果的な使用

次に、雨の日の運転において効果的なワイパーの使用方法について考えてみましょう。

ワイパーは雨の強さや視界の状況に応じて適切に調整することが重要です。適切なワイパーの使用は、視界を確保するために欠かせない要素です。

まず、ワイパーブレードの状態を確認しましょう。古くなったり、硬くなったりしたブレードは効果が低下し、スムーズな拭き取りができなくなる場合があります。定期的なメンテナンスや交換を行うことで、ワイパーの性能を最大限に引き出すことができます。

次に、ワイパーの速度を適切に調整しましょう。ワイパーの動作速度は通常、高速と低速の2つの設定があります。雨の強さに合わせて適切な速度を選択することが重要です。強い雨の場合は高速で動作させ、雨滴を効果的に拭き取ります。逆に、弱い雨や霧雨の場合は低速で動作させ、過剰な水滴を拭き取り過ぎないようにします。

また、ワイパーの動作範囲にも注意が必要です。ワイパーが視界の一部を拭き取り忘れると、見え方が悪くなる可能性があります。ワイパーの動作範囲が不十分な場合は、調整が必要です。ワイパーがキレイに水滴を取り除くように、適切な範囲をカバーするよう設定しましょう。

さらに、ワイパーの水切り効果を高めるために、ワイパー液を使用することもおすすめです。ワイパー液はワイパーブレードとガラス面の間に水滴を分散させ、拭き取りのスムーズさを向上させます。必要に応じてワイパー液を補充し、効果的な使用を心掛けましょう。

雨の日の運転では、ワイパーの効果的な使用が視界を確保するために欠かせません。適切なメンテナンスや調整、ワイパー液の使用など、積極的に取り組むことで、より安全で快適な運転が可能となります。

車線の選択

次に、雨の日の運転において適切な車線の選択方法について考えてみましょう。

雨の日は、路面が滑りやすくなるため、車線の選択が重要です。特に中央車線は水たまりが多く、滑りやすい場合がありますので、可能な限り左車線または右車線を選択しましょう。

左車線や右車線は、中央車線に比べて水たまりが少なく、安定した走行ができる場合があります。また、水しぶきやスプラッシュが減るため、視界を確保しやすくなります。

ただし、常に左車線や右車線が最適というわけではありません。場合によっては交通量の分散や車線変更が必要な場合もありますので、適切な判断を行いましょう。

特に高速道路などでは、通行区分によって速度制限が異なることがあります。雨の日は制限速度を厳守し、交通の流れに合わせた速度を維持することが重要です。

さらに、車線変更を行う際には、注意深く行うことが必要です。ミラーやウィンカーを活用し、周囲の車両に意志を伝えるようにしましょう。車線変更による事故リスクを最小限に抑えるためにも、安全かつスムーズな運転を心掛けましょう。

雨の日の運転では、中央車線よりも左車線や右車線の方が水たまりが少なく、安定した走行ができる場合があります。ただし、状況に応じて適切な車線変更や速度調整を行うことが求められます。常に周囲の状況を確認しながら、安全な車線選択を心掛けましょう。

夜間の運転について

雨の日の夜間運転も慎重さが求められます。

夜間の視界確保

次に、雨の日の夜間運転において視界を確保するためのポイントについて考えてみましょう。

夜間は本来視界が制限されるため、雨の日の夜間運転はより注意が必要です。特に対向車のヘッドライトが眩しく感じる場合がありますので、以下のポイントに留意しましょう。

まず、対向車のヘッドライトが直接目に入らないよう、視線の目印を適切に設定しましょう。道路の右端を視線の目印にすることで、ヘッドライトの眩しさを軽減することができます。また、サンバイザーや眼鏡の偏光レンズなども使用することで、眩しさを抑えることができます。

さらに、自身の車両の照明を適切に利用しましょう。ヘッドライトやテールランプは、他のドライバーに対して自車の存在を明確に伝える役割を果たします。また、霧灯やハザードランプの使用も考慮しましょう。適切な照明の使用は、他のドライバーとのコミュニケーションを促し、交通安全性を高めることができます。

さらに、視界を確保するためにウィンドウの清潔さにも留意しましょう。ワイパーを適切に使用し、フロントガラスをきれいに保つことで、雨滴や水しぶきを素早く拭き取ることができます。また、ウィンドウ内側の曇りや汚れに対しても、適切に対処することが重要です。ウィンドウクリーナーや除湿機能を活用し、視界をクリアに保ちましょう。

雨の日の夜間運転では、対向車のヘッドライトの眩しさに留意しながら、視界を確保することが大切です。視線の目印の設定や、車両の照明の効果的な使用、ウィンドウの清潔さなどに留意することで、安全な運転を実現することができます。周囲の状況に敏感になり、適切な対応を心掛けましょう。

照明の利用

次に、雨の日の夜間運転において照明の適切な使用方法について考えてみましょう。

照明の適切な利用は、他のドライバーに自車の存在を明確に伝え、安全な運転を支援する役割を果たします。

まず、ヘッドライトの使用に留意しましょう。雨の日の夜間運転では、ヘッドライトを明るめにして自車の存在を相手ドライバーに知らせることが重要です。しかし、遮光板を通過した際に眩しさが増す場合は、ヘッドライトの位置を下げたり、調整したりすることが必要です。周囲のドライバーに配慮し、適切な明るさを保つよう調節しましょう。

また、テールランプの点灯も重要です。雨の日の視界が悪化している場合、後続車両が自車の存在に気づくまでに時間がかかることがあります。テールランプの点灯によって、後続車両へのアピールができます。テールランプは明るく点灯させることで、後続車両に対して自車の位置や動きを明確に示す役割を果たします。

さらに、霧灯やハザードランプの使用も効果的です。霧灯は、雨の日の視界が低下した場合や濃霧に遭遇した場合に活用することができます。一方、ハザードランプは緊急事態や渋滞時などに使用されます。適切なタイミングでこれらの照明を使用することで、他のドライバーとのコミュニケーションを促し、交通安全性を高めることができます。

雨の日の夜間運転では、照明の適切な使用が重要です。ヘッドライトやテールランプ、霧灯、ハザードランプなどを適切に利用し、他のドライバーとの意思疎通を図りましょう。安全運転の一環として、周囲の状況に適した照明の活用を心掛けましょう。

事故後の対応

残念ながら事故に遭ってしまった場合の対応について見ていきましょう。

第一報告の重要性

次に、雨の日の運転中に事故が起きた場合における第一報告の重要性について考えてみましょう。

事故が発生したら、まずは安全な場所に自車を移動させましょう。その後、速やかに警察に連絡して第一報告を行うことは非常に重要です。

第一報告は事故の発生状況を警察に伝えるため、後の保険対応や事故解決に重要な役割を果たします。警察に事故の詳細を正確に伝えることで、証拠を残し、適切な対応をしてもらえる可能性が高まります。

第一報告の際には、次の情報を伝えることが必要です。事故の発生場所や日時、関与車両のナンバープレート番号や車種、そして事故の状況や被害の有無などです。これらの情報を的確に伝えることで、警察は現場に迅速に駆けつけることができます。

また、第一報告の際には自身も冷静であることが重要です。事故に巻き込まれると驚きやショックがありますが、落ち着いて状況を伝えるようにしましょう。重要な情報を漏らさず伝えるためにも、事故の現場で冷静さを保つことが求められます。

最後に、第一報告後は警察から指示を受け、適切に対応しましょう。警察の指示に従うことで、事故の処理が円滑に進むと同時に、自身の安全も確保することができます。

雨の日の運転中に事故が起きた場合、第一報告の重要性は言葉に尽くせません。迅速かつ正確に警察に連絡し、事故の詳細を適切に伝えることが大切です。冷静な対応と警察の指示に従いながら、事故処理を適切に進めましょう。

傷人がいる場合の対処法

もし事故の際に傷人がいる場合、速やかに救急車を呼ぶとともに、応急処置を行うことが重要です。

まず、まわりの安全を確保するため、事故現場に近づく人々に注意を促しましょう。自分自身も安全な場所に移動し、他の危険要因から遠ざかるようにしましょう。

次に、救急車を呼ぶために状況を携帯電話や通行者に伝えることが必要です。正確な事故場所と傷病状態を述べ、どのような救急処置が必要かも伝えましょう。もし他の人が救急車の呼び出しをしてくれた場合でも、事故の詳細を伝えることが重要です。

その間、意識のある傷人に対して応急処置を行いましょう。手袋を使用し、出血部分があれば血を止めるようにします。また、傷口が広がらないように圧迫や包帯で固定し、塵や異物が入らないように注意しましょう。意識がない場合は、頭と首の位置を保持するために体位を安定させることが重要です。ただし、傷人に対する処置は、自身の能力や知識範囲を超えないよう慎重に行うことが必要です。

救急車が到着するまで、傷人から離れないようにしましょう。安心感を与えることは、傷人の状態を安定させる一環です。また、自身も冷静さを保ちながら、救急隊員の指示に従うことが大切です。

雨の日の運転中に事故が起きた場合、もし傷人がいる場合は速やかに救急車を呼び、同時に応急処置を行いましょう。周囲の安全を確保しながら、事故現場で冷静な対応と適切な行動を心がけましょう。

雨の日の運転を楽しくする方法

雨の日の運転は厳しいかもしれませんが、適切な対策で安全性を高め、楽しむことも可能です。

お気に入りの音楽を

雨の日の運転は厳しいかもしれませんが、適切な対策をとれば安全性を高めることができます。さらに、運転を楽しむための方法もあります。その一つが、お気に入りの音楽を聴くことです。

運転中に音楽を聴くことは、リラックスした気分を作り出し、ストレスを軽減する効果があります。落ち着いた音楽や好きなアーティストの曲を選ぶことで、運転中のストレスを軽減することができます。

また、音楽は集中力を高める効果もあります。リズミカルな曲やテンポの速い曲は、運転中の意識を刺激し、眠気や疲労を解消することができます。ただし、適切な音量に調整し、周囲の音や車両の警笛などに注意を払うことも忘れずにしましょう。

さらに、お気に入りの音楽は運転中の時間をより楽しいものにすることができます。特に雨の日の運転はモチベーションが下がりがちですが、お気に入りの曲を聴くことで気分が高まり、運転にも積極的に取り組むことができます。

ただし、音楽を聴く際には安全性を最優先に考えることが重要です。適切な音量に調節し、音楽に集中し過ぎず、道路上の状況に常に注意を払うよう心掛けましょう。

雨の日の運転が難しいと感じるかもしれませんが、お気に入りの音楽を聴くことで、運転中のストレスを軽減し、楽しい時間を過ごすことができます。適切な音楽の選択と安全運転の心掛けを合わせて、より充実した雨の日の運転を実現しましょう。

新たなルートを探す

次に、雨の日の運転をさらに楽しくする方法として、新たなルートを探すことを考えてみましょう。

普段とは異なるルートを選ぶことで、新たな発見や驚きが待っているかもしれません。雨の日は景色や道路の様子が一層印象的になるため、新しいルートでの運転はより一層楽しむことができます。

まずは、事前にルートを調べておくことが重要です。地図やカーナビゲーションシステムを活用して、周辺の道路や風景をチェックしましょう。新たなルートを選ぶ際には、通行条件や道路の状態、交通情報などを確認することも忘れずにしましょう。

新たなルートを探すことで、通常の道路よりも交通量が少ない場所や景観の美しいエリアを通ることができるかもしれません。また、道路の状態や景色が変わることで、運転中のマンネリ感も解消できます。

さらに、新たなルートを探すことは運転技術の向上にも繋がります。新しい道路や交差点でのナビゲーションや適切な車線変更など、新たな環境に慣れることで運転スキルを向上させることができます。

ただし、新たなルートを探す際には、安全運転を最優先に考えましょう。ルート選択の際には交通ルールを守り、周囲の車両や歩行者に十分な配慮をしましょう。また、道路の状態や交通情報には注意を払い、安全な運転環境を確保しましょう。

雨の日の運転をさらに楽しむために、新たなルートを探してみましょう。事前の準備や安全運転を心掛けつつ、新鮮な風景や運転の刺激を体験してみてください。楽しみながら安全な運転を心掛けることで、雨の日のドライブをより一層充実したものにすることができます。

まとめ

最後に、重要な点をまとめておきましょう。

適切な運転法の理解

最後に、雨の日の運転において適切な運転法の理解が最も重要です。以下のポイントを押さえて、安全運転を心掛けましょう。

まずは適切な速度を守ることです。雨の日は路面の滑りやすさが増すため、速度を落として運転する必要があります。視界が悪化したり、急なブレーキやハンドル操作が難しくなったりするため、安全な速度に合わせて走行しましょう。

次に、適切な車間距離を保つことが重要です。雨の日はブレーキの効きが悪くなったり、車両の制御が難しくなったりすることがあります。適切な車間距離を保つことで、急な停止や回避が必要な場合に備えることができます。

さらに、視界を確保するためにワイパーの効果的な使用も必要です。適切なワイパーブレードのメンテナンスと適切な速度での作動を心掛け、視界の妨げとなる雨滴や水しぶきを素早く拭き取りましょう。

また、車線の選択も重要です。雨の日は中央車線よりも左車線や右車線の方が水たまりが少なく、安定した走行ができることがあります。ただし、周囲の状況に応じて適切な車線変更を行いましょう。

最後に、安全な運転を実現するためには、常に周囲の状況を把握し、予測運転を心掛けることも重要です。他のドライバーの行動や道路の状態に注意を払い、事前に対策を立てることで事故を未然に防ぐことができます。

適切な運転法の理解は、雨の日の運転において安全性を確保するために必要不可欠です。速度の調整、車間距離の確保、ワイパーの効果的な使用、適切な車線の選択などに留意し、常に安全な運転を心掛けましょう。

事故後の対応

最後に、雨の日の運転における事故後の対応について考えてみましょう。

事故に遭ってしまった場合、冷静な対応が重要です。まずは安全な場所に自車を移動させましょう。その後、速やかに警察に連絡して事故を報告しましょう。

事故報告の際には、適切な情報を伝えることが重要です。事故の詳細な場所と日時、関与車両のナンバープレート番号や車種、そして事故の状況や被害の有無などを正確に伝えましょう。これにより、警察は事故の捜査や報告書作成に役立ちます。

また、事故による怪我や傷人がいる場合は、速やかに救急車を呼びましょう。同時に、できるだけ応急処置を行い、傷者の安全を確保しましょう。しかし、自身の能力や知識範囲を超えた処置は行わないようにし、待機中に救急隊員の指示に従いましょう。

事故後は、警察からの指示に従いながら適切に対応しましょう。警察の取り調べや必要な書類の提出を行うことで、事故の解決に向けた手続きを進めることができます。

また、事故後の保険対応も重要です。事故の証拠となる写真や証言者の情報を収集し、保険会社との連絡や手続きを行いましょう。早めの報告と対応は、事故解決や保険請求の円滑な進行につながります。

雨の日の運転において事故が発生した場合、冷静な対応と迅速な報告が重要です。安全な場所に移動し、警察に連絡することで事故の処理がスムーズに進みます。また、怪我や傷人がいる場合は、救急車を呼びながら必要な応急処置を行いましょう。最後に、保険の対応にも早めに取り組むことを忘れずにしましょう。



[狛江自動車学校は、運転免許取得の他にもペーパードライバー教習も行っており、一発試験での受験はお任せください!狛江市だけでなく近隣の川崎市、調布市、多摩市、稲城市、府中市、西東京市、八王子市、世田谷区、杉並区からも多くのお客様がご来校されてます。当教習所の特徴としては、ご自宅からの無料送迎サービスや分からないことはすぐに公式LINEで聞くことのできる環境もご好評いただいております。また、小田急線、狛江駅から徒歩3分の所に校舎があります。ご不明点、ご質問等ございましたらお問い合わせフォームからお気軽にお問い合わせください。]

狛江自動車学校
ロゴ
交通事故を最小限に抑えることを使命として、狛江で教習所を営業しております。指定自動車教習所の指導員の資格を持つスタッフが、温かく丁寧な指導により、受講者様の運転免許の取得を全面的に支援いたします。
狛江自動車学校

〒201-0003

東京都狛江市和泉本町1-1-2 松坂ビル3階