雪の日の安全運転ガイド

冬の雪の日の運転は不慣れな人にとっては大変なチャレンジです。しかし、いくつかの注意点とコツを覚えることで、雪道でも安全に運転することが可能です。この記事では雪道の運転に役立つ情報をわかりやすく解説します。
狛江自動車学校
ロゴ
交通事故を最小限に抑えることを使命として、狛江で教習所を営業しております。指定自動車教習所の指導員の資格を持つスタッフが、温かく丁寧な指導により、受講者様の運転免許の取得を全面的に支援いたします。
狛江自動車学校
住所:

〒201-0003

東京都狛江市和泉本町1-1-2 松坂ビル3階

電話番号:
03-6824-7920

雪道運転の基本

雪道での運転は普段とは異なる独自のテクニックが求められます。まず基本的な心得を説明します。

雪道の特性

雪の日の運転では、雪道の特性を理解することが重要です。雪道は普段の道路とは異なる特性を持っており、それに対応することが運転の安全性に繋がります。

まず、雪道は滑りやすいことが特徴です。路面が凍結したり、雪が積もっているとタイヤのグリップが低下し、車が滑りやすくなります。特に曲がる時や停止する時には注意が必要です。

また、雪道では見落としやすいポイントがあります。雪が降り積もると、道路のマークや線が見えにくくなります。特に歩行者や自転車などの他の車両とのすれ違いや接触に気を付ける必要があります。

さらに、雪道では急ブレーキや急な加速は避けるべきです。急なブレーキではタイヤがロックして滑ってしまう可能性がありますし、急なアクセル操作では車がスピンする可能性があります。安定した速度で運転し、ゆっくりと操作することが大切です。

これらの特性に対応するためには、慎重な運転が求められます。前方をよく見て、迅速かつ適切な反応をすることが重要です。さらに、タイヤのグリップを向上させるために、スタッドレスタイヤの使用を検討することもおすすめです。

雪の日の運転は普段とは異なるテクニックが必要ですが、特性を理解し、慎重な運転を心掛けることで安全に運転できるようになります。

雪道でのブレーキングとアクセル操作のコツ

雪の日の運転では、ブレーキングとアクセル操作のコツを理解することが重要です。雪道では、滑りやすい路面に対応するために繊細な操作が必要となります。

まず、ブレーキ操作についてです。雪道では急ブレーキを避け、徐々に踏み込むようにしましょう。急ブレーキではタイヤがロックし、制御が効きにくくなってしまいます。また、急な減速によって後続車との距離が詰まり、事故の危険性が高まります。ゆっくりと減速し、車両の安定性を保つようにしましょう。

次にアクセル操作です。雪道では急な加速を避け、滑りやすい路面に対応するために車両の速度を一定に保つことが重要です。アクセルを踏む際には、ゆっくりと徐々に踏み込むようにしましょう。急なアクセル操作ではタイヤがスピンしてしまう恐れがあります。また、曲がる際にはアクセルを一瞬緩めることで、車両の安定性を保つことができます。

また、ブレーキ操作やアクセル操作だけでなく、ステアリング操作にも注意が必要です。雪道では、曲がる際にはステアリングを徐々に切り込むようにしましょう。急なハンドル操作では車がスライドしやすくなるため、安定した操作を心掛けましょう。

以上が雪道でのブレーキングとアクセル操作のコツです。滑りやすい路面に対応するためには、ゆっくりと慎重な操作が求められます。適切な速度で走行し、繊細な操作を心掛けることで、雪の日でも安全に運転することができるでしょう。

必要な装備

安全な雪道運転には適切な装備も必要です。ここでは避けては通れない、雪道運転に必要な装備を紹介します。

スタッドレスタイヤ

雪の日の運転において、適切なタイヤの選択は非常に重要です。特にスタッドレスタイヤは、雪道での運転において有効な装備と言えます。

スタッドレスタイヤは、その名の通り雪道での走行に特化したタイヤです。通常の夏タイヤと比べて、よりグリップ力が高く、路面への密着性が向上しています。これにより、滑りやすい雪道でも安定した走行が可能となります。

スタッドレスタイヤの効果を最大限に引き出すためには、適切な取り付けと適期の交換が重要です。タイヤメーカーや専門のタイヤショップに相談し、適切なサイズとタイプを選ぶことが大切です。また、雪が降る前に取り付けをすることで、予防的な対策が可能となります。

スタッドレスタイヤの使用時には、いくつかの点に留意する必要があります。まず、路面が乾燥している場合やアスファルト路面では、スタッドレスタイヤの効果が薄れることがあります。したがって、スタッドレスタイヤを使用するのは、主に雪や凍結した路面の時に限られることを覚えておきましょう。

また、雪の日の運転ではスタッドレスタイヤだけでなく、適切な空気圧の維持も重要です。適切な空気圧に調整することで、タイヤの性能を最大限に発揮することができます。タイヤの偏摩耗や摩耗具合の確認も忘れずに行いましょう。

スタッドレスタイヤは雪道での運転において安全性を向上させる重要な要素です。適切な選択とメンテナンスを行い、安心して冬の道路を走行しましょう。雪の日の運転に不慣れな場合や雪が降ることが予想される場合には、スタッドレスタイヤの装着を検討することをおすすめします。

エアコン・暖房の適切な使用法

雪の日の運転では、エアコンや暖房の使用方法も注意が必要です。適切な使い方をすることで、車窓の曇りを防止し、快適な運転環境を確保することができます。

まず、エアコンの使い方についてです。雪の日の運転では、車内の湿度が高くなりがちです。エアコンは車内の湿度を下げる役割を果たし、車窓の曇りを防止します。適切な温度と適度な風量でエアコンを使用しましょう。ただし、エアコンの使用によって燃費が悪化する可能性もあるため、長時間連続で使用する必要はありません。車内の湿度が下がり、車窓の曇りが改善したら、エアコンを切ることも検討してください。

暖房の使い方についても、注意が必要です。暖房は寒さをしのぐために重要ですが、適切な使用方法を守ることが大切です。暖房を最大まで利用すると、車内の湿度が上昇し、車窓の曇りが起きる可能性があります。適切な温度設定と風量で暖房を使用しましょう。また、暖房を使う場合でも、定期的に窓を開けて換気を行うことで、車内の湿度を調整しましょう。

さらに、エアコンや暖房の使用に際しては、冷房と暖房の切り替え時に車窓の曇りに注意が必要です。冷たい室外気が温まった室内ガラスに触れると、車窓が急激に曇ることがあります。このような場合には、デフロスターを使用するなどして車窓の曇りを早めに解消しましょう。

エアコンや暖房は雪の日の運転で快適な環境を作るために重要な装備ですが、適切な使用方法を守ることが大切です。湿度管理や車窓の曇りに留意しながら、適度な温度と風量で利用しましょう。安全な運転環境を作り出し、快適なドライブを楽しんでください。

運転時の注意点

雪道で運転すれば、常に危険と隣り合わせです。ここではその危険を避けるための注意点を挙げていきます。

アイスバーンとは

雪の日の運転で最も注意が必要なのが、アイスバーンという雪道の最大の脅威です。アイスバーンとは、路面が凍結して滑りやすくなった状態のことを指します。

アイスバーンは特に陰影のある場所や橋、トンネルなどで発生しやすく、突然現れることがあります。アイスバーンが発生している路面では、タイヤのグリップが効きにくくなり、急ブレーキや急なハンドル操作によって車が制御不能になる危険性が高まります。

アイスバーンを見分けるためには、まず路面の見た目に注目しましょう。アイスバーンでは、凍結しているために路面がツルッとした光沢を帯びています。また、雪が降っていない箇所や水たまりが凍結している場所などでもアイスバーンが発生している可能性があります。

アイスバーンに遭遇した場合の対策としては、まず速度を落としましょう。スムーズな速度で走行することで、タイヤと路面の接触面積を最大限に保ちます。急ブレーキや急なハンドル操作は避け、穏やかな走行を心掛けましょう。また、ステアリングをなるべく安定させるために、直進性を保つことも重要です。

さらに、アイスバーンでは前方の車や周囲の状況にも留意しましょう。近くで事故やスリップが発生している場合や、前車が急ブレーキをかけている場合には、自身の車両の動作を予測し、適切な距離を保つようにしましょう。

アイスバーンは雪の日の運転において最も危険な要素です。凍結した路面に対しては十分な警戒心を持ち、スピードを抑えながら慎重に走行することが必要です。常に周囲の状況に留意し、安全な運転を心掛けましょう。

雪道での車両の挙動

雪の日の運転では、車両の挙動が通常の道路状況とは異なることに注意が必要です。雪道では、車が滑りやすくなり、スリップやスピンアウトの危険性が高まります。そのため、雪道での車両の挙動を理解し、適切に対処することが大切です。

まず、雪道では車両の制動距離が伸びることに留意しましょう。雪が路面をカバーしていると、タイヤのグリップが低下し、ブレーキング時の制動力が弱まります。そのため、普段よりも長い距離を確保してブレーキをかける必要があります。急ブレーキはタイヤのロックやスリップを引き起こし、制御を失う恐れがあるため、穏やかなブレーキ操作を心掛けましょう。

次に、雪道では加速時にスリップやスピンアウトが発生しやすくなることに注意しましょう。アクセルを急に踏み込むとタイヤが空転してしまい、制御を失うことがあります。スロットル操作はゆっくりと行い、滑りやすい路面に対応するために車両の速度を一定に保つようにしましょう。

さらに、曲がる際にも車両の挙動に留意が必要です。雪道では車両がスライドしやすくなるため、急なハンドル操作は避けましょう。曲がる際には、早めにハンドルを切り入れ、安定した車両の姿勢を保つようにしましょう。また、スピードを抑えて曲がることも重要です。

雪道での車両の挙動には不確定要素が多いため、予測力と慎重な運転が求められます。特に普段から慣れた感覚で運転している場合は、雪道での運転には緊張感を持ち、周囲の状況に留意しながら運転することが必要です。安全なドライブを心掛けましょう。

雪道での事故から身を守る

雪道で事故を防ぐためには、事前の知識が大切です。このセクションでは、具体的な対策を提案します。

ホワイトアウトとは

雪の日の運転で最も怖い状況の一つに、「ホワイトアウト」があります。ホワイトアウトとは、雪や吹雪によって視界が悪化し、周囲の景色が真っ白に見える状態を指します。

ホワイトアウトが発生すると、運転者は前方の道路や車両を見失い、自身の位置や進行方向すら把握しづらくなります。この様な状況下で適切な判断を下すことは非常に困難であり、事故のリスクが高まります。

ホワイトアウトによる危険を避けるためには、いくつかの対策を取ることが重要です。まず、スピードを抑えて運転することが必要です。適切な速度で走行することで、自身のリアクション時間を確保することができます。

次に、ホワイトアウト時には車間距離をより長く取るようにしましょう。視界が悪化しているため、前方の車両に追従するのは危険です。自身の車両と前車との距離を確保し、十分な安全スペースを保つようにしましょう。

さらに、ホワイトアウト時にはヘッドライトを点灯させることが重要です。周囲の車両や歩行者に自身の存在を知らせることで、事故を防ぐことができます。また、ヘッドライトを点灯させることで、視界を確保するために貢献することもあります。

ホワイトアウトに遭遇した場合は、冷静に対応しましょう。ハザードランプを点灯させることで、自身の位置を周囲に伝えることも有効です。必要な場合には、道路の安全な場所に停車して待つことも検討しましょう。

ホワイトアウトは突然発生する危険な状況ですが、適切な対応策を取ることで事故を防ぐことができます。スピードの抑制、車間距離の確保、ヘッドライトの点灯など、上記の対策を実践し、安全な運転を心掛けましょう。

スタックを避ける方法

雪の日の運転では、車がスタックする(動けなくなる)ことがあります。スタックは非常に困難で、周囲の交通や自身のスケジュールにも影響を与える可能性があります。そこで、スタックを避けるための方法をいくつか紹介します。

まず、スタックを避けるためには、滑りやすい路面でのアクセル操作に留意することが重要です。急なアクセル操作や過剰なパワーをかけると、タイヤが空転してしまい、車がスタックしてしまう可能性が高まります。スムーズなスロットル操作を心掛け、ゆっくりと加速するようにしましょう。

次に、ステアリング操作にも注意が必要です。曲がる際に急なハンドル操作を行うと、車がスリップしてしまう可能性があります。スムーズなステアリング操作や曲がり方に気を付け、安定した車両の姿勢を保つようにしましょう。特に曲がる前には速度を抑え、制御しやすい状態にしておくことが重要です。

また、スタックを防ぐためには、適切なタイヤの選択も重要です。スタッドレスタイヤやチェーンなど、雪道に適したタイヤを装着することで、グリップ力を高めることができます。滑りやすい路面でも安定した走行を実現し、スタックのリスクを低減させましょう。

さらに、スタックを避けるためには、他の車や障害物との距離にも留意することが重要です。周囲の状況を注意深く観察し、事前に対処策を考えることで、スタックから脱出する可能性を高めることができます。

スタックは雪の日の運転でよくあるトラブルですが、慎重な運転や適切なタイヤの選択、注意深い観察によって、そのリスクを軽減できます。常に周囲の状況に留意し、安全な運転を心掛けましょう。

雪道運転のマナー

他のドライバーともスムーズに行き来するためには、マナーも重要です。幾つかのポイントを挙げていきます。

安全な車間距離を保つ

雪の日の運転において、安全な車間距離を保つことは非常に重要です。車間距離が十分でない場合、予期せぬ状況や急なブレーキに対応することが難しくなり、事故のリスクが高まります。

安全な車間距離を保つためには、通常の道路状況よりも長めの車間距離を確保する必要があります。雪道では制動距離が伸びるため、ブレーキをかけて停止するまでに時間がかかります。そのため、前車の後ろに十分な間隔を置くことで、十分なリアクション時間を確保することができます。

また、車間距離は路面状況に応じて調整する必要があります。路面が凍結し、グリップ力が低下している場合は、より長めの車間距離を確保しましょう。これによって、急なブレーキやスリップを防ぐことができます。常に周囲の状況に注意を払い、適切な車間距離をキープするように心掛けましょう。

さらに、車間距離だけでなく、自身の速度にも留意する必要があります。速度が速すぎると車間距離を保つのが難しくなります。また、スピードを抑えることで車両の制動性も向上し、急なブレーキにも対応しやすくなります。道路状況に合わせ、適切な速度を選ぶことが重要です。

安全な車間距離を保つことは、雪の日の運転における基本的なルールの一つです。周囲の車両や状況に注意を払い、充分な車間距離を確保することで、急な状況にも対応しやすくなります。自身と他車の安全を守るために、車間距離をしっかりと意識しましょう。

過信は禁物

雪の日の運転において、自身の運転技術に過信することは禁物です。過信は事故を引き起こす可能性を高め、安全に運転することができなくなります。

過信の一つの例として、速度制限を守らないことが挙げられます。自身の運転技術に自信があるため、速度制限を超えたスピードを出してしまうことは非常に危険です。雪の日の路面は滑りやすく、制動距離が伸びるため、通常の道路よりも低速で走行する必要があります。速度制限を守ることは、自身と他車の安全を確保するための重要な行動です。

また、過信は他のドライバーに対しても禁物です。他のドライバーが慣れていない可能性や適切な対策をとっていない可能性もあります。自身が慣れているからといって、他のドライバーも同様だと仮定してはいけません。他のドライバーの行動にも注意し、安全な距離を保つようにしましょう。

適切なタイミングでの車間距離の保持やスピードの調整、周囲の状況への注意は、運転において不可欠な要素です。自身の運転技術を高めることは素晴らしいことですが、自己の限界と他のドライバーの存在を常に意識することが重要です。

雪の日の運転では謙虚さが求められます。自身の能力を過信せず、逆に緊張感を持ち、適切な判断を下すことが重要です。安全運転を心掛け、過信せずに慎重に運転することで、事故のリスクを最小限に抑えることができます。

運転練習のススメ

単に知識を持つだけではなく、実際に運転を練習することも大切です。ここでは練習のコツを紹介します。

プロに学ぶ

雪の日の運転技術を向上させるためには、プロの運転手から学ぶことも一つの方法です。プロの運転手は豊富な経験と知識を持っており、安全な運転のコツやテクニックを教えてくれます。

まず、運転技術を向上させるためには、ドライビングスクールや運転教習所に通うことがおすすめです。そこではプロのインストラクターが運転の基礎から応用まで指導してくれます。雪の日の運転に特化したコースや実際の道路でのトレーニングも受けることができます。

また、プロの運転手から直接指導を受けることも有効です。タクシーやトラックなどのプロの運転手に付いて学ぶことで、実践的なテクニックや運転のコツを学ぶことができます。彼らは様々な状況での運転経験を持っているため、その知識を自身の運転に活かすことができます。

さらに、運転技術向上のためには、プロの運転手が提供する情報やコンテンツを活用することも有効です。インターネットや書籍などには、プロの運転手が執筆した記事やノウハウが多くあります。彼らの経験や知識を参考にして、自身の運転スキルを向上させましょう。

プロの運転手から学ぶことは、雪の日の運転に限らず、ドライビングスキルの向上に役立ちます。彼らは安全で効率的な運転技術を持っており、その知識を活かせば、より自信を持って運転できるようになります。プロの指導や情報を積極的に活用し、自身の運転スキルを高めましょう。

自己練習の重要性

雪の日の運転技術を向上させるためには、自己練習も非常に重要です。自分自身で繰り返し運転の練習を行うことで、自信をつけ、スキルを向上させることができます。

自己練習の一つの方法は、安全な場所での練習です。駐車場や広い空き地など、交通量の少ない場所を選びましょう。雪や凍結した路面での制動距離やアクセル操作、ハンドル操作など、様々なシチュエーションを想定して繰り返し練習することで、雪の日の運転に慣れることができます。

また、自己練習の中で、特に苦手なポイントに焦点を当てることも重要です。滑りやすい路面でのブレーキングやカーブを中心に練習し、慣れていきましょう。自身の課題を見つけ、その課題に取り組むことで、独自の方法を見つけ出すこともできます。

さらに、自己練習は適切な知識の獲得にも繋がります。インターネットや書籍から情報を収集し、適切な運転技術やコツについて学びましょう。習得した知識を自己練習に活かし、実際の運転シーンでのスキル向上に役立てることができます。

自己練習は時間と努力を必要としますが、持続的な練習によって自身の運転スキルを向上させることができます。自己練習を通じて慣れていき、様々な状況に対応できるドライバーになるために、継続的な努力を惜しまず行いましょう。自己練習の重要性を理解し、スキルアップを目指しましょう。

最後に

雪道運転は初めてでも適切な知識と練習があれば必ずできるようになります。

まとめ

雪の日の運転には様々な注意点やテクニックがありますが、適切な準備と慎重な運転を心掛けることで安全なドライブを楽しむことができます。

まず、雪道運転の基本的な心得は、雪道の特性を理解し、独自のテクニックを身につけることです。雪道は滑りやすく、見落とすポイントもあります。ブレーキやアクセルの操作にも注意が必要です。

適切な装備の使用も重要です。スタッドレスタイヤの効果や使い方、エアコンや暖房の適切な使用など、適切な装備や操作方法を知ることで安全性を高めることができます。

運転時の注意点も忘れてはなりません。アイスバーンや雪道での車両の挙動についての理解が必要です。また、ホワイトアウトやスタックの危険を避けるためにも、事前の知識と対策が欠かせません。

マナーも雪道運転において重要な要素です。安全な車間距離の保持や過信をせず相手を尊重することが必要です。また、自己練習も運転技術向上に役立ちます。ドライビングスクールやプロの指導、自身の練習によって継続的にスキルアップを目指しましょう。

雪の日の運転は初めてでも、適切な知識と練習によって安全に運転することができます。しかし、常に注意を怠らず、天候や路面状況に応じた運転を心掛ける必要があります。安全な運転を守り、悠々自適な雪の日の運転を楽しみましょう。

今後の見通し

雪の日の運転のスキルは、単に雪道での運転に役立つだけでなく、日常生活でも活かすことができます。これからは、さらなる安全性と快適性を追求するために、新たな技術や装備の開発が期待されます。

例えば、自動車メーカーは、雪道での走行安定性を向上させるための先進的な安全装備を提供しています。スリップ防止機能やトラクションコントロールなど、雪道での運転をサポートするための機能が搭載されています。さらに、自動運転技術の発展により、雪の日でも安全かつ快適な運転が実現される可能性があります。

また、交通インフラの改善も今後の見通しです。道路や橋の設計や路面状況の管理など、雪の日の運転に最適化されたインフラ整備が進んでいます。これにより、雪の日の運転がより安全でスムーズになることが期待されます。

さらに、情報の発信と共有も重要です。天候予報や道路状況の情報をリアルタイムで把握することで、適切な対策を講じることができます。また、ドライバー同士の情報交換やコミュニティの形成も、雪の日の運転を安全に楽しむために役立つでしょう。

これからの見通しでは、さらなる技術の進化と情報の発信、インフラの改善によって、雪の日の運転がより安全で快適なものになることが期待されます。私たちそれぞれが運転スキルを向上させ、適切な知識と慎重な運転に努めることで、より安全な交通環境を実現しましょう。雪の日の運転において、技術と情報の進歩を活かし、未来に向けて安全なドライブを楽しみましょう。

参考情報

運転に関するさまざまな情報源を紹介します。

ウェブサイト・書籍

雪の日の運転に関する情報をより詳しく学びたい場合には、ウェブサイトや書籍が役立ちます。これらの情報源は、運転技術や安全対策についての詳細な解説や具体的なアドバイスを提供しています。

まず、ウェブサイトは最新の情報や実践的なノウハウを提供しています。自動車メーカーや自動車協会、交通安全関連のウェブサイトでは、冬季の運転に特化したコンテンツやアドバイスが掲載されています。また、ドライバーの体験談や質問回答、フォーラムなどを通じて、他のドライバーとの情報交換やコミュニティ形成も行えます。

次に、書籍はより包括的な情報を提供しています。専門家やプロの運転手が執筆した書籍では、雪の日の運転に関する豊富な情報やテクニックが掲載されています。運転の基礎から応用まで幅広い範囲をカバーし、実際のケーススタディや図表、写真などを交えながら、わかりやすく解説されています。書籍を通じて、理論的な知識を深めることができます。

これらの情報源は、自宅やモバイルデバイスからアクセスできるため、いつでも手軽に情報収集が可能です。ただし、信頼性のある情報源を選びましょう。公的な機関や専門家の提供する情報は、正確で信頼性が高いものが多いです。

ウェブサイトや書籍を活用することで、自身の知識や運転スキルを向上させることができます。冬の運転に関する情報を継続的に学び、安全な運転に役立てましょう。始めは基礎から始めて、徐々に専門的な内容にも挑戦してみると良いでしょう。

教習所・プロの活動

雪の日の運転スキルを向上させるためには、教習所やプロの活動も大いに役立ちます。教習所では、冬季の運転に特化したコースやトレーニングを提供しています。経験豊かなインストラクターが、安全な運転のコツやテクニックを指導してくれます。

教習所での実地訓練では、雪や凍結した路面での運転に慣れることができます。スリップやスピンアウトの対処法や、雪道でのブレーキングやアクセル操作のコツを身につけることができます。さらに、シミュレータを使用してリアルな状況下での運転訓練も行われています。

また、プロの運転手の活動も参考になります。タクシーや宅配業など、日常的に雪の日の運転に取り組んでいるドライバーは、貴重な経験と知識を持っています。彼らの運転スキルに触れることで、実践的なヒントやテクニックを学ぶことができます。

さらに、プロの活動の一環として開催されるイベントやトレーニングも参加価値があります。ドリフト体験やスキルアップセミナーなど、雪の日の運転に特化したコンテンツが用意されています。プロの指導の下で、実際の車両でのトレーニングを受けることで、運転技術の向上や自信の養成が図れます。

教習所やプロの活動を通じて、雪の日の運転技術を向上させましょう。経験豊かな指導者からアドバイスを受けることで、自身の運転スキルを高めることができます。また、プロの活動に参加することで、新たな知識やテクニックを取り入れることもできます。自己研鑽を怠らず、安全かつスムーズな雪の日の運転を実現しましょう。



[狛江自動車学校は、運転免許取得の他にもペーパードライバー教習も行っており、一発試験での受験も取得時講習もお任せください!狛江市だけでなく近隣の川崎市、調布市、多摩市、稲城市、府中市、西東京市、八王子市、世田谷区、杉並区からも多くのお客様がご来校されてます。当教習所の特徴としては、ご自宅からの無料送迎サービスや分からないことはすぐに公式LINEで聞くことのできる環境もご好評いただいております。また、小田急線、狛江駅から徒歩3分の所に校舎があります。ご不明点、ご質問等ございましたらお問い合わせフォームからお気軽にお問い合わせください。]

狛江自動車学校
ロゴ
交通事故を最小限に抑えることを使命として、狛江で教習所を営業しております。指定自動車教習所の指導員の資格を持つスタッフが、温かく丁寧な指導により、受講者様の運転免許の取得を全面的に支援いたします。
狛江自動車学校

〒201-0003

東京都狛江市和泉本町1-1-2 松坂ビル3階