教習所で学ぶ縦列駐車のコツ!

本記事は、教習所で一番苦手とされる「縦列駐車」について学ぶためのガイドです。縦列駐車の技術の基礎から、スムーズに駐車を行うためのコツまで詳しく解説します。初心者から経験者まで、全てのドライバーに役立つ情報を提供します。
狛江自動車学校
ロゴ
交通事故を最小限に抑えることを使命として、狛江で教習所を営業しております。指定自動車教習所の指導員の資格を持つスタッフが、温かく丁寧な指導により、受講者様の運転免許の取得を全面的に支援いたします。
狛江自動車学校
住所:

〒201-0003

東京都狛江市和泉本町1-1-2 松坂ビル3階

電話番号:
03-6824-7920

縦列駐車とは?

縦列駐車とは、多くの駐車場や路上で使われる駐車の方法です。しかし、教習所では特に難しい部分と言われます。

縦列駐車の定義

縦列駐車の定義は、車を道路と平行に停車させる駐車方法の一つです。教習所で習う基本スキルの一つであり、道路上や駐車場などでよく見かける駐車方法です。狭いスペースや混雑した場所でも効率的に駐車できるため、都市部などでよく利用されています。縦列駐車は、車の前後方向への制約があるため、正確な位置調整やエンジン操作が求められます。特に教習所では、縦列駐車は卒業検定の一環として評価され、合格するためには熟練した技術が必要です。縦列駐車は初心者にとっては難しいかもしれませんが、正しい手順やコツを理解することで、スムーズに駐車することができるようになります。縦列駐車の基本的な手順や注意点について、しっかりと学んでおくことが大切です。

教習所での縦列駐車

教習所では、縦列駐車は基本スキルとして必ず習うものであり、卒業検定でも評価されます。縦列駐車の練習は、広い敷地内に設けられた特設エリアで行われます。このエリアには、実際の道路上の縦列駐車に近い状況が再現されており、様々な状況に対応するトレーニングが行われます。

教習所での縦列駐車の訓練では、まず車の操作方法や安全確認の手順から学ばれます。教官が適切な指導を行いながら、生徒は車を駐車スペースにバックさせる練習をします。最初は操作が慣れておらず、正確な位置や距離感を掴むのは難しいかもしれませんが、反復練習によって徐々にスキルを身につけることができます。

また、教習所では、縦列駐車の技術だけでなく、交通ルールや安全運転に関する知識も教えられます。縦列駐車が他の車や歩行者に与える影響や、駐車の際に注意すべきポイントなども学ぶことができます。

縦列駐車の練習は教習所での訓練だけでは終わりません。卒業後も独自に練習を続けることが重要です。自宅近くの空き地や閑静な住宅地などで、周囲に迷惑をかけることなく練習することができます。教習所で身につけた技術を定着させるためにも、継続的なトレーニングが必要です。

縦列駐車は道路交通法においても重要な駐車方法です。正しく駐車することで、交通の流れをスムーズに保ち、他のドライバーへの適切な配慮ができます。教習所での縦列駐車の訓練を通じて、適切な技術と安全意識を身につけることが求められます。

縦列駐車の基本的な手順

縦列駐車には一定の手順があり、これを理解しておけば初心者でも簡単に縦列駐車ができます。

駐車スペースの確認

縦列駐車を行う際には、まず駐車スペースの確認が必要です。駐車スペースの状況を事前に把握し、最適なアプローチを計画することが駐車の成功につながります。

駐車スペースを確認する際には、まず目指すスペースの位置や大きさを確認します。スペースが狭くて駐車が難しい場合や、周囲に障害物がある場合は特に注意が必要です。教習所の練習エリアでも、道路上の状況を再現しているため、実際の駐車場や路上のような環境での対応力を養うことができます。

駐車スペースの確認では、駐車する位置とその前後のクリアランスも重要なポイントです。周囲の車や歩行者との距離を考慮して、適切な位置を見極める必要があります。エンジンの遮断が必要な場合や隣の車との距離が狭い場合には特に注意が必要です。

また、駐車スペースの確認では、周囲の状況も把握することが重要です。駐車場や道路の交通量、歩行者の通行頻度など、駐車時に影響を与える要素を考慮します。周囲の状況を正確に把握することで、自身の駐車計画を立てることができます。

駐車スペースの確認は、迅速かつ正確に行うことが求められます。焦らずに周囲の状況と駐車スペースを注意深く観察し、最適なアプローチを考えて行動することが重要です。縦列駐車は正確な位置調整が必要ですので、初心者の場合には特に慎重に駐車スペースの確認を行うようにしましょう。正確なスペースの確認と計画的なアプローチが、縦列駐車のスムーズな実施につながります。

バックでの位置調整

駐車スペースの確認が終わったら、続いてバックでの位置調整を行います。縦列駐車では、車を正確に位置させるため、微細な操作と視覚判断が必要となります。

まず、駐車スペースの後方に車をバックさせます。バックする際には、ミラーやバックカメラを活用し、後方の安全確認を徹底しましょう。スムーズなバック操作を実現するためには、適切な速度とステアリング操作が必要です。十分な視野を確保しながら、車両の後退方向をスムーズに調整していきます。

バックでの位置調整のポイントとして、スペースとの距離感を把握することが重要です。前後のクリアランスを意識しながら、車両をスペースに合わせて正確に位置調整していきます。距離感を掴むためには、ミラーやバックカメラを駆使して、自身の位置とスペースの関係を確認しながら操作することが大切です。

また、位置調整ではエンジン操作も重要な要素となります。車両の後退・停止をスムーズに行うために、適切なアクセルとブレーキの使い分けが求められます。エンジンの力を的確に制御し、希望する位置にピタッと停車することが目標です。

バックでの位置調整は、初めは慣れないかもしれませんが、繰り返し練習することで徐々に上達します。教習所や練習エリアでのトレーニングだけでなく、実際の道路上でも積極的にバック操作の練習を行いましょう。経験を積むことで、自信を持って縦列駐車を行うことができるようになります。

バックでの位置調整は、正確さと安全性を両立させるために重要なステップです。適切な位置に車を配置することで、周囲の車や歩行者に迷惑をかけず、円滑な駐車を実現しましょう。視界を確保し、適切なエンジン操作とステアリング操作を行うことで、縦列駐車の成功に近づいていきます。

縦列駐車に関する誤解

縦列駐車には多くの誤解が広まっていますが、これは多くの場合、単なる都市伝説です。

縦列駐車は難しい?

縦列駐車は、初めて経験する人にとっては難しいと感じることもあるかもしれませんが、正しい手順と技術を理解していれば、縦列駐車は容易になるでしょう。

初心者の場合、車の操作に慣れていないことや周囲の状況を把握する能力の未熟さが、縦列駐車の難しさを感じさせる要因です。しかしながら、教習所や練習エリアでのトレーニングを通じて、車の操作や周囲の観察力を高めることができます。

縦列駐車の難しさは、正確な距離感や位置調整が求められることにあると言えます。しかし、練習を重ねて車の動きを理解し、正確な操作を身につけることによって、縦列駐車は克服できるものです。

また、縦列駐車が難しいと感じる人にとっての一つの誤解が、エンジン操作の重要性に対する過信です。確かにエンジン操作は重要な要素ではありますが、視覚判断と位置調整の能力がより重要な役割を果たします。エンジン操作だけにフォーカスせず、全体的な状況を把握しながら的確な操作を行うことが重要です。

縦列駐車は、正確な位置調整や技術の要求などから初心者には難しさを感じるかもしれませんが、適切なトレーニングと経験を積むことで上達できるものです。焦ることなく繰り返し練習し、自信を持って臨むことが大切です。縦列駐車は道路交通法の基本的なルールの一つでもあり、参考書や動画などを活用して十分な知識を身につけることも推奨されます。最初は難しく感じるかもしれませんが、諦めずに取り組むことで必ず克服できるものです。

成功の鍵はエンジン操作にある?

縦列駐車の成功の鍵は、エンジン操作だけにあるとは言い切れません。確かにエンジン操作は重要な要素ですが、成功には視覚判断と位置調整の能力がより重要な役割を果たします。

エンジン操作は、アクセルやブレーキを使いながら車の移動速度や停止位置を制御することに関わります。適切にエンジン操作を行うことで、スムーズな駐車が可能となります。しかし、エンジン操作だけにフォーカスしても、駐車の正確さや安全性を保つことはできません。

視覚判断と位置調整の能力は、車の形状や周囲の障害物、駐車スペースの大きさなどを正確に把握し、適切な駐車位置を決めるために必要です。車のミラーやバックカメラを活用し、的確な距離感や周囲の状況を把握することが重要です。正確な視覚判断を行った上で、エンジン操作を適切に行えば、効果的かつ安全な縦列駐車が可能となります。

また、エンジン操作だけを頼りにしてしまうと、駐車スペースとの距離感を正確に把握できず、隣の車や歩行者との接触リスクが高まります。したがって、エンジン操作と視覚判断のバランスが重要です。エンジンの力を使いながらも、周囲の状況を十分に確認し、適切な位置に車を配置することが求められます。

縦列駐車の成功の鍵は、エンジン操作だけでなく、視覚判断と位置調整の能力を向上させることにあります。繰り返しの練習や経験を通じて、正確な距離感や位置調整の感覚を身につけることが重要です。正確な視覚判断と的確なエンジン操作を組み合わせることで、縦列駐車の成功率を高めることができるでしょう。

縦列駐車のコツ

何事もコツを掴めば、それは簡単になるものです。縦列駐車も例外ではありません。

正確な距離感

縦列駐車において正確な距離感を把握することは、成功するための重要な要素です。正確な距離感を掴むことによって、車をスムーズに駐車スペースに収めることができます。

まず、正確な距離感を得るためには、適切な視覚参照点を見つけることが重要です。具体的な方法としては、車のボンネットやミラーの位置を目印にすることが挙げられます。これによって、車と駐車スペースの前端や後端との距離を正確に判断することができます。

また、距離感を掴むためには、繰り返しの練習が必要です。教習所や練習エリアでのトレーニングを通じて、車と隣の車との間の適切な距離や駐車スペースの長さに慣れることができます。繰り返しの練習によって、正確な距離感を身につけることができますので、焦らずにトレーニングに取り組んでください。

さらに、周囲の視覚参照点を活用することも有効です。隣の車や駐車スペースの周囲にある物体やマーキングなど、参照できる目印を活用しながら距離感を判断しましょう。周囲の物体と車との関係を視覚的に把握することで、より正確な駐車が可能となります。

正確な距離感を得るためには、初めは慣れないかもしれませんが、経験を積むことで徐々に上達します。視覚的な参照点を活用しながら、安全かつ効果的に車を駐車スペースに収めるための距離感を習得してください。正確な距離感が確保できれば、縦列駐車はよりスムーズに行うことができます。

車の動きを理解する

縦列駐車において、車の動きを理解することも重要です。車がどのように動くかを理解し、その動きに合わせて判断することが、正確な駐車を実現するためのカギとなります。

まず、車の動きを理解するためには、ステアリングホイールの操作と車の挙動の関係を把握することが重要です。ステアリングホイールを右に切れば、車は右方向に進み、左に切れば左方向に進むといった具体的な挙動を理解することが必要です。また、ステアリングホイールの操作に対して車がどのくらいの時間で反応するのかを把握することも重要です。

さらに、車の後退時には、リアビューミラーやバックカメラを駆使して後方の視界を確認しましょう。これによって、車の動きや周囲との関係を正確に把握することができます。特に、駐車スペースの前後のクリアランスや接近度合いを把握するために役立ちます。

車の動きを理解するためには、繰り返しの練習が欠かせません。教習所や練習エリアでのトレーニングを通じて、自身の車の挙動や操作に慣れることが重要です。また、実際の道路上でも積極的にバック操作の練習を行い、慣れていましょう。経験を積むことで、車の挙動を的確に予測し、必要な操作をスムーズに行うことが可能になります。

車の動きを理解し、それに合わせて適切な操作を行うことで、縦列駐車の成功率を向上させることができます。正確なステアリング操作と視覚的な確認を組み合わせながら、車の動きと駐車スペースの関係を把握しましょう。車の動きを理解することによって、自信を持って縦列駐車に挑むことができます。

安全な縦列駐車の為に

安全な縦列駐車には更に注意が必要です。その為のポイントをいくつか紹介します。

ハンドブレーキの利用

縦列駐車において、ハンドブレーキの利用は安全性を高める上で重要なポイントです。ハンドブレーキを使用することで、駐車時の安定性を確保し、車の動きを制御することができます。

駐車時にハンドブレーキを利用することで、停止した車が動かないように固定することができます。これにより、坂道や傾斜のある場所での駐車時や、急な停車時においても、車が動いてしまうリスクを軽減することが可能です。

また、ハンドブレーキの利用は駐車時だけでなく、停車時にも重要です。信号待ちや一時停止の際にハンドブレーキを引くことで、停止状態を保ちながら車をしっかりと抑えることができます。これにより、後方からの追突事故や車のうっかりした前進を防止することができます。

ハンドブレーキを利用するためには、まずはハンドブレーキの位置を確認しましょう。通常は運転席の両側に設置されていますが、車種によって異なる場合もあります。ハンドブレーキを引く際には、しっかりと引いて固定し、車が安全に停止できるようにしましょう。

ハンドブレーキの利用は縦列駐車の安全性を高めるだけでなく、法律的にも重要な要素です。道路交通法によれば、車を停車させる際には、停止に適した手段を講じなければなりません。ハンドブレーキの利用は、これに適した手段となります。

念のため、ハンドブレーキを引く際には、ブレーキペダルを踏んだまま、ハンドブレーキを引くようにしましょう。これによって、車を安全に停車させることができます。

ハンドブレーキの利用は縦列駐車だけでなく、一般の駐車や停車時でも重要な役割を果たします。すべての運転者は、正しい手順でハンドブレーキを使用し、安全な駐車や停車を心掛けるべきです。

周囲の注意

縦列駐車を行う際には、周囲に対する注意が欠かせません。周囲の車や歩行者への配慮は、駐車の成功だけでなく安全運転にとっても重要不可欠です。

まず、駐車スペースを確保する際には、周囲の車との距離を適切に保つことが重要です。隣の車との接触を避けるためにも、慎重な操作と正確な距離感を心がけましょう。また、駐車スペースの前後にも十分なクリアランスが必要です。周囲の車や歩行者の安全を確保するためにも、駐車位置を十分に確認しましょう。

さらに、縦列駐車時には、まわりの歩行者や交通の流れに敏感になる必要があります。歩行者が近づいてきた場合や、交通が通り過ぎるタイミングでの駐車を避けるように心掛けましょう。歩行者や通行車への配慮は、交通ルールを守りながら安全な駐車を実現するための重要な要素です。

また、詰め込み駐車の場合は、駐車スペースの前後や両側にある車にも注意を払う必要があります。隣の車を傷つけないように注意しながら、スムーズかつ安全に車を駐車するようにしましょう。

注意深い観察と迅速な判断力を持ちながら、縦列駐車を行いましょう。周囲の状況を常に確認し、他のドライバーや歩行者との共存を意識することが重要です。自身の駐車行動が周囲に与える影響を常に意識し、他の人々への迷惑を最小限にするように努めましょう。

縦列駐車は、自身のスキルを高めるだけでなく、周囲への注意と配慮が大切です。交通マナーやルールを遵守しながら、安全かつ思いやりのある駐車を心掛けましょう。周囲の人々との共存を意識した上で、スムーズな縦列駐車を実現しましょう。

縦列駐車の常識を覚えよう

最後に、縦列駐車の基本となる常識について触れておきましょう。

駐車禁止の場所

縦列駐車を行う際には、駐車禁止の場所に駐車しないように注意が必要です。駐車禁止の場所で駐車をしてしまうと、法的に罰せられる可能性がありますので、正しい場所での駐車を心掛けましょう。

駐車禁止の場所としては、標識や道路交通法によって明示された場所があります。特に注意が必要な場所としては、歩道や歩行者専用道、交差点付近、バス停やタクシー乗り場、消火栓やハイドラント周辺などが挙げられます。これらの場所では、駐車をすることによって交通の妨げや安全の問題が生じる可能性があるため、駐車は厳禁とされています。

また、駐車禁止の場所には、一時的な駐車禁止の場所も含まれます。道路工事やイベントなどで駐車が一時的に制限される場合がありますので、事前に標識や周囲の情報に注意してください。

駐車禁止の場所で駐車すると、罰金や違反点数の対象となる可能性があります。また、その場所での駐車によって他の道路利用者や歩行者に迷惑をかけることもありますので、マナーやルールを守ることが必要です。

縦列駐車をする際には、駐車禁止の場所でないことを十分に確認しましょう。駐車スペースが限られている場合でも、合法的な駐車場や駐車スペースを探すことが大切です。安全かつ法的な駐車を実施し、周囲の人々や交通の流れに配慮することが大切です。

駐車メーター

縦列駐車をする際には、駐車メーターの存在にも注意が必要です。駐車メーターが設置された場所で駐車をする際には、駐車料金を支払うことが求められます。注意を怠ると、駐車違反となり、罰金や違反点数の対象となる可能性があります。

駐車メーターは、特定の場所に設置された駐車料金の支払い機械です。駐車スペースを使用する際には、駐車メーターに車の駐車時間と料金を入力する必要があります。その際に発行される駐車券やスマートフォンアプリなどを使用して、適切な料金を支払いましょう。

駐車メーターは、駐車スペースの利用時間に応じて料金が発生します。時間ごとに料金が設定されており、支払う料金によって停車できる時間が決まります。時間内に料金を支払っていないと、違反となり罰則が課せられる場合がありますので、時間を厳守するようにしましょう。

駐車メーターは、駐車スペースの管理や交通の円滑な流れを確保するために設置されています。特に都市部や商業地域では、駐車料金が設定されていることが一般的です。そのため、そういった地域で縦列駐車を行う際には、駐車メーターの存在や料金の支払いをしっかりと把握しましょう。

駐車メーターの場所や料金設定については、道路の標識やパーキングエリアの案内板、地域の駐車情報サイトなどで確認することができます。また、最近ではスマートフォンアプリを使用して、駐車メーターの情報や料金支払いができる場合もあります。利用可能な方法を事前に調べ、便利な手段を活用しましょう。

縦列駐車をする際には、駐車メーターが設置された場所での駐車時に注意が必要です。正しい料金の支払いを行い、駐車料金の制約を守りましょう。駐車メーターに対する適切な理解と遵守は、駐車違反を防ぐだけでなく、円滑な交通の実現にもつながります。

縦列駐車の練習

理論知識だけでなく、実際の練習も重要です。ここでは、練習方法を紹介します。

教習所での練習

縦列駐車を習得するために教習所での練習は非常に重要です。教習所には専用の練習エリアがあり、初心者や再学習者はここで安全に練習することができます。

教習所での練習では、まずは基本的な駐車スキルを身につけるためのトレーニングが行われます。教官から正しい操作方法や安全確認の手順などを学び、実際に車を操作して駐車の訓練を行います。

教習所の練習エリアは、道路上の状況を再現した環境が整えられています。クルマの前後には他の車や障害物が配置され、実際の交通状況を体感しながら練習することができます。狭いスペースや周囲の車との距離感を体得し、正確な位置調整やエンジン操作を繰り返し学ぶことができます。

教習所での練習では、段階的なカリキュラムを通じて縦列駐車の複数のパターンに対応する能力も育まれます。教官のアドバイスや指導を受けながら、自身の駐車スキルを向上させるためのトレーニングを続けていきます。

教習所での練習は、駐車スキルだけでなく、交通ルールや安全運転に関する知識も習得する機会です。教習所内では、交通ルールや特定のシチュエーションにおける振る舞い方についても学びます。これらの知識は、安全でマナーのある運転を実践するために役立ちます。

教習所での練習は、縦列駐車の基礎を築くための貴重な機会です。教官の指導のもと、実際の道路状況を再現した環境で繰り返し練習することで、縦列駐車に必要な技術を習得することができます。教習所の練習エリアでのトレーニングを通じて、自信を持って縦列駐車に挑む準備を整えましょう。

自宅近くの空き地での練習

教習所での練習だけでなく、自宅近くの空き地や閑静な住宅地でも縦列駐車の練習を行うことができます。これによって、教習所内で身につけたスキルを定着させることができます。

自宅近くの空き地や閑静な住宅地は、実際の道路上とは比べものにならないほど広いスペースを持っています。これを利用して、縦列駐車の練習を行うことで、より多くのスペースで操作する環境を体感することができます。

自宅近くの空き地での練習では、教習所と同様に安全確認や正確な位置調整を意識しましょう。車の前後のクリアランスや隣の車との距離感を正確に把握し、スムーズな駐車を目指しましょう。

また、教習所と異なり、実際の道路上ではないため、自宅近くの空き地では比較的リラックスした環境で練習することができます。ミスを気にせずに反復練習することで、自信をつけることができます。

ただし、自宅近くの空き地や閑静な住宅地での練習を行う際には、周囲の住人や道路利用者への配慮も忘れずに行いましょう。周囲に迷惑をかけることなく、安全かつマナーのある駐車練習ができるように注意しましょう。

自宅近くの空き地や閑静な住宅地での練習は、教習所で習ったスキルを定着させるための貴重な機会となります。自身のペースで練習を行いながら、安全な駐車スキルをさらに磨いていきましょう。自宅周辺での練習を通じて、縦列駐車における自信を高め、実際の道路上での運転にも活かしていきましょう。

まとめ

本記事では、縦列駐車の基本からコツ、練習方法まで詳しく解説しました。

縦列駐車の理解

縦列駐車を行う際には、その基本的な理解が必要です。縦列駐車の理解を深めることで、上手に駐車できるようになります。

縦列駐車は、道路と平行に車を停める駐車方法です。車が前後に制限された空間での駐車を行うため、正確な位置調整やエンジン操作が求められます。

縦列駐車は初心者にとっては難しく感じるかもしれませんが、正しい手順と技術に基づいて行われると、容易に行うことができます。駐車スペースの確認、バックでの位置調整、正確な距離感の把握、車の動きの理解など、縦列駐車の基本的な要素をしっかりと学ぶことが重要です。

教習所や自宅近くの空き地での練習を通じて、自身の駐車スキルを高めることができます。繰り返しの練習によって、駐車スキルを身につけ、自信を持って縦列駐車に挑むことができます。

縦列駐車の理解には、基本的な駐車スキルの習得だけでなく、交通ルールの理解も重要です。駐車禁止の場所や駐車メーターの存在、他の道路利用者への配慮など、法律やマナーを守ることも大切です。

縦列駐車の理解を深めることによって、スムーズで安全な駐車が実現できます。理論知識だけでなく、実践を通じて経験を積むことも重要です。駐車スキルの向上に取り組むことで、交通の流れをスムーズに保ち、周囲の人々や他の車に迷惑をかけないようにしましょう。縦列駐車の理解と安全運転の実践を通じて、道路上での自信と安全性を高めていきましょう。

安全な駐車の実現

縦列駐車を行う際には、安全な駐車を心掛けることが重要です。安全な駐車を実現するためには、以下のポイントに注意を払いましょう。

まず、周囲の安全確認を徹底しましょう。駐車する前には、後方や周囲の車や歩行者の存在に注意を払い、安全な駐車を行うための情報を確認しましょう。バックする際には、リアビューミラーやバックカメラを活用し、周囲の視界を確保しましょう。

次に、正確な距離感を保つことが重要です。隣の車との距離や前後のクリアランスを正確に把握し、十分な空間を確保することで、後の車や歩行者との接触や事故のリスクを減らすことができます。

また、円滑な駐車を実現するために、スムーズなエンジン操作を心掛けましょう。エンジンの力を的確に制御し、駐車スペースにスムーズに車を収めることが重要です。アクセルとブレーキをうまく使い分けながら、安定した駐車を実現しましょう。

さらに、駐車時には安全確保のため、ハンドブレーキを引くことも忘れずに行いましょう。ハンドブレーキを引くことで車の動きを固定し、駐車の安定性を高める助けとなります。

最後に、周囲の人々や他の車に迷惑をかけないように心掛けましょう。駐車の際に他の車や歩行者への配慮を忘れずに行い、交通マナーやルールを遵守しましょう。縦列駐車が周囲の交通の流れを妨げないようにすることが、安全な駐車の実現につながります。

安全な駐車を心掛けることで、事故やトラブルを防ぎ、円滑な道路利用を促進することができます。正確な距離感とエンジン操作、適切な安全確認とマナーの遵守を組み合わせながら、安全な駐車を実現しましょう。自身の運転技術と安全意識の向上を追求し、緻密な駐車の実現に向けて努力しましょう。


[狛江自動車学校は、運転免許取得の他にもペーパードライバー教習も行っており、一発試験での受験はお任せください!狛江市だけでなく近隣の川崎市、調布市、多摩市、稲城市、府中市、西東京市、八王子市、世田谷区、杉並区からも多くのお客様がご来校されてます。当教習所の特徴としては、ご自宅からの無料送迎サービスや分からないことはすぐに公式LINEで聞くことのできる環境もご好評いただいております。また、小田急線、狛江駅から徒歩3分の所に校舎があります。ご不明点、ご質問等ございましたらお問い合わせフォームからお気軽にお問い合わせください。]

狛江自動車学校
ロゴ
交通事故を最小限に抑えることを使命として、狛江で教習所を営業しております。指定自動車教習所の指導員の資格を持つスタッフが、温かく丁寧な指導により、受講者様の運転免許の取得を全面的に支援いたします。
狛江自動車学校

〒201-0003

東京都狛江市和泉本町1-1-2 松坂ビル3階