縦列駐車マスターへの道!コツとポイントを徹底解説

縦列駐車が苦手な人必見!縦列駐車のコツやハンドルの操作、バックでの駐車方法までを分かりやすく説明します。縦列駐車が苦手な人もこれを読めば一気にスキルアップすること間違いなし!
狛江自動車学校
ロゴ
交通事故を最小限に抑えることを使命として、狛江で教習所を営業しております。指定自動車教習所の指導員の資格を持つスタッフが、温かく丁寧な指導により、受講者様の運転免許の取得を全面的に支援いたします。
狛江自動車学校
住所:

〒201-0003

東京都狛江市和泉本町1-1-2 松坂ビル3階

電話番号:
03-6824-7920

縦列駐車って何?基本的な知識から

まずは何もない道路に自動車を停める縦列駐車について基本的な知識から学んでみましょう。

縦列駐車の定義

縦列駐車とは、道路の端から黄色や白色の線で区分けされたスペースに車両を駐車する方法のことです。一般的に、縦列駐車は道路の車線を横断しないで駐車するため、交通の流れを滞らせることなく駐車ができる利便性があります。特に狭い道路や駐車場では、縦列駐車が一般的な駐車方法となっています。

縦列駐車にはいくつかの種類があります。一般的なものとしては、2列目に駐車する2列縦列駐車や、3列以上に駐車する多列縦列駐車があります。道路の規制や駐車場の指示に従って、正確な位置に車両を駐車することが求められます。

また、縦列駐車は幅広い駐車可能性を持っています。広い道路では2列に駐車することができ、スペースを有効活用することができます。駐車スペースの容量を最大限に活用することで、より多くの車両を収容することができます。

縦列駐車は、道路交通法や地方自治体の条例に基づいて行われます。適切な場所とタイミングで行われることによって、道路の安全性と交通の円滑さを確保することができます。縦列駐車をする際には、周囲の交通状況や駐車場のルールを遵守し、安全かつスムーズな駐車を心掛けましょう。

縦列駐車のメリット

縦列駐車にはいくつかのメリットがあります。まず一つ目のメリットは、幅広く駐車できることです。広い道路では2列に駐車できるため、狭い駐車スペースでも効率的に車両を置くことができます。特に都市部や混雑した駐車場では、スペースを有効活用するために、縦列駐車が重宝されています。車両を段階的に駐車することで、より多くの車両を収容することが可能です。

次に、縦列駐車のメリットとして、交通の円滑さが挙げられます。縦列駐車では、道路の車線を横断せずに駐車するため、交通の流れを滞らせることなく駐車ができます。特に繁華街や商業地域などの交通量が多い場所での駐車時には、縦列駐車が非常に有効です。道路の混雑を緩和することで、交通事故や渋滞のリスクを低減させることができます。

また、縦列駐車は駐車スペースの効率化にも繋がります。縦列駐車を行うことで、限られた駐車スペースを最大限に活用することができます。特に都市部や人口密集地では、駐車スペースの確保が難しい場合があります。縦列駐車によって、より多くの車両を収容できるため、スペースの有効活用が可能となります。

さらに、縦列駐車は駐車の自由度も高めます。一般的な駐車方法では、前後の車両に左右されることがありますが、縦列駐車ではある程度の距離感さえ把握すれば、他の車両に左右されず自由に駐車することができます。自分の運転技術や駐車スキルを活かし、よりスムーズで正確な駐車を実現することができるのです。

縦列駐車のメリットを理解し、駐車の際に活用することは非常に重要です。狭い駐車スペースでも効率的に駐車できるため、交通の円滑化や駐車スペースの効率化に貢献します。是非、縦列駐車の技術を身につけて、スムーズな駐車を実現しましょう。

ハンドル操作の基本

次に、縦列駐車で大事なハンドル操作について解説します。

ハンドルの基本的な操作法

縦列駐車において、ハンドルの操作は非常に重要です。ハンドルは車体が進む方向を決定するため、正確な操作が求められます。まずはハンドルの基本的な操作法について解説しましょう。

ハンドルの操作は、左へ曲がるときと右へ曲がるときで異なります。左へ曲がるときは、ハンドルを反時計方向に操作します。逆に、右へ曲がるときは、ハンドルを時計方向に操作します。この基本的な操作法をマスターすることで、正確な曲がり角度を実現することができます。

縦列駐車においては、特にハンドルの切るタイミングが重要です。運転席の位置を基準に、駐車スペースに車を確実に入れるためには、早めの切り始めと適度な切り返しが必要です。駐車スペースに進入する前から、適切な角度でハンドルを切り始めることが重要です。また、切り返しのタイミングも適切に把握する必要があります。車両と駐車スペースの位置関係を正確に把握し、適切なタイミングでハンドルを切り返すことが、スムーズな駐車を実現するために必要な要素です。

ハンドルの基本的な操作法と切り返しのタイミングを理解し、上手なハンドル操作を心掛けましょう。縦列駐車では、正確なハンドルの操作が駐車成功の鍵となります。練習を通じて、ハンドル操作に慣れ、自信を持って縦列駐車を行えるようにしましょう。正確なハンドル操作は、安全かつスムーズな駐車を実現するために欠かせません。

ハンドルを切るタイミング

縦列駐車において、ハンドルを切るタイミングは駐車スペースの位置関係や車両の進行方向によって変わります。適切なタイミングでハンドルを切ることで、スムーズな駐車を実現することができます。ここでは、ハンドルを切るタイミングについて解説します。

まず、ハンドルを切るタイミングは、運転席の位置を基準に駐車スペースに車を確実に入れるためには、早めの切り始めが重要です。駐車場に進入する前から、適切な角度でハンドルを切り始めることが大切です。早めの切り始めを行うことで、車両を駐車スペースに正確に導くことができます。

次に、適度な切り返しも重要なポイントです。切り返しのタイミングは、車両と駐車スペースの位置関係を正確に把握する必要があります。駐車スペースに進入しながら、車両の位置とスペースの位置を視覚的に判断し、適切なタイミングでハンドルを切り返すことが求められます。切り返しのタイミングが早すぎると、車両がスペースに収まりきらずに衝突する可能性があります。一方、切り返しのタイミングが遅すぎると、スペース内に車を収めるのに苦労することになります。適度なタイミングを見極めるために、周囲の状況をよく観察し、慎重にハンドルを操作しましょう。

ハンドルを切るタイミングは、理論だけではなく、実践を通じて身につけることが重要です。繰り返しの練習によって、適切なタイミングでハンドルを切る感覚を身につけることができます。自信を持ってハンドルを操作し、スムーズな駐車を実現しましょう。

バックでの駐車方法

縦列駐車で一番難しいとされるバックでの駐車方法を解説します。

バック駐車の基本

縦列駐車で一番難しいとされるバック駐車の基本について解説します。バック駐車では、通常の前進駐車とは異なるハンドル操作が必要です。また、ミラーを活用しながら後方を確認することも重要です。

まず、バック駐車ではハンドル操作が通常の逆となります。つまり、左へ曲がる際にはハンドルを時計方向に操作し、右へ曲がる際にはハンドルを反時計方向に操作する必要があります。この逆転したハンドル操作に慣れることが大切です。反対に操作することで、車体を適切な角度で進行させることができます。

さらに、ミラーを活用して後方を確認することも重要です。バック駐車では視界が制限されるため、ミラーを使用して周囲の状況を確認することが必要です。特にバックミラーやサイドミラーを駆使して後方を確認しながら、ゆっくりと進行していくことがポイントです。後方を確実に把握しながら進むことで、駐車の正確さと安全性を確保することができます。

バック駐車の基本を抑えるためには、ハンドル操作とミラーの活用の両方が不可欠です。逆転したハンドル操作に慣れ、後方を確実に確認する習慣を身につけましょう。繰り返しの練習を通じて、自信を持ってバック駐車に取り組むことができます。バック駐車は慣れるまで難しいものかもしれませんが、根気強く練習を続ければ必ず上達することができます。

バック駐車のコツ

バック駐車のコツを身につけることで、よりスムーズで正確な駐車が可能になります。ここでは、バック駐車のコツについて解説します。

まず、バック駐車のコツは距離感をつかむことです。車体と駐車スペースの位置関係を正確に把握することが大切です。特に、バック駐車では視界が制限されるため、車両とスペースとの位置関係を的確に把握することが難しい場合があります。しかし、練習を重ねることで、距離感を正しく判断する感覚を身につけることができます。慣れてきたら、ゆっくりと進みながら、駐車スペースとの距離を確認しながら進んでみてください。

次に、バック駐車のコツはハンドルの切り方です。適切なハンドルの切り方を把握することが重要です。切りすぎてしまうと、逆に狭いスペースに車を入れることが困難になります。逆に切り足りないと、駐車スペースに収まりきれない可能性があります。適切なハンドルの切り方を見極めるためには、練習と経験が必要です。まずは大きなスペースで練習し、徐々に狭いスペースでの駐車にもチャレンジしてみましょう。自分の車の特性やハンドル操作に慣れることで、より効果的なハンドルの切り方を掴むことができます。

さらに、バック駐車のコツはゆっくりと進行することです。特に後方を確認しながらのバック駐車では、ゆっくりと進行することが重要です。急いで進むと後方の状況を見逃したり、正確な位置に駐車することが難しくなります。適切なスピードで進みながら、ミラーを活用して後方を確認しましょう。安全性を確保しながら進むことで、駐車の正確性と安定性を向上させることができます。

バック駐車のコツを押さえ、実践してみましょう。距離感のつかみ方、ハンドルの切り方、ゆっくりと進行することを意識しながら練習を重ねていきましょう。繰り返しの練習によって、バック駐車の技術を向上させることができます。自信を持って駐車できるようになるまで、コツをマスターするための練習を継続してください。

編集できるポイント

さらに縦列駐車を上達させるために、編集できるポイントについて説明します。

ハンドルの切り方の編集

縦列駐車の上達には、ハンドルの切り方の微調整が重要なポイントとなります。適切なハンドルの切り方を把握し、編集することで、より正確な駐車が可能になります。

まず、ハンドルの切り方を編集する際には、過度な切りすぎに注意が必要です。ハンドルを大きく切りすぎてしまうと、スペース内に収まるのが難しくなります。適度な切り方を心掛けましょう。スペースに収まるためには、微妙なハンドルの切り方が求められます。練習を通じて、自分の車の特性やハンドルの感覚を把握し、適切な切り方を見極めることが大切です。

また、ハンドルの切り方を編集する際には、状況に応じて調整することも重要です。駐車スペースの広さや形状、前後の車両の位置などを考慮して、ハンドルの切り方を微調整する必要があります。狭いスペースでは少ない切り返しで駐車する必要がありますし、広いスペースでは多めの切り返しで駐車することが求められます。状況に合わせて柔軟に対応し、ハンドルの切り方を編集していきましょう。

さらに、編集するポイントとしては、スムーズなハンドル操作が挙げられます。急激な切り返しやハンドルの乱れた操作は、正確な駐車を妨げる恐れがあります。ハンドルを滑らかにかつ安定して操作することで、車体を正確に導き、円滑な駐車を実現することができます。練習を通じて、ハンドルの切り方の編集に慣れることで、より正確でスムーズな駐車を実現しましょう。

ハンドルの切り方の編集は、縦列駐車の上達に欠かせない要素です。適度な切り方を把握し、状況に応じて柔軟に対応することで、駐車の精度を高めることができます。繰り返しの練習を通じて、ハンドルの切り方を編集する感覚を身につけ、自信を持って駐車に臨みましょう。

進行スピードの編集

縦列駐車においては、進行スピードの編集も重要なポイントです。特にバック駐車では、ゆっくりと進行しながら後方を確認することが求められます。

まず、バック駐車の際には進行スピードを適切に調整する必要があります。ゆっくりと進むことで、後方の状況を確実に把握することができます。急いで進むと、後方の障害物や他の車両を見落とす恐れがあります。安全かつ正確な駐車を行うためには、適切なスピードで進行しましょう。

また、進行スピードの編集は、状況に応じて柔軟に行うことも重要です。駐車スペースの広さや形状、周囲の車両や歩行者の動線などによって、進行スピードを調整する必要があります。特に混雑した場所では、周囲の安全確保や通行の妨げにならないように慎重に進行する必要があります。状況を常に把握して、スムーズかつ安全な進行スピードを保つように心掛けましょう。

さらに、進行スピードの編集は、ハンドルの操作とも密接に関連しています。スピードが速すぎると、ハンドル操作の精度が低下し、正確な駐車が難しくなります。逆に、スピードが遅すぎると、ハンドルの切り返しや操作のタイミングが遅れ、駐車に時間がかかってしまう可能性があります。適切な進行スピードを保ちながら、ハンドルの操作とのバランスを考えることが重要です。

進行スピードの編集は、駐車の正確さとスムーズさに大きく影響を与えます。適切なスピードで進行しながら、状況を把握し、ハンドル操作との調和を図ることで、安全で正確な駐車を実現することができます。繰り返しの練習を通じて、進行スピードの編集に慣れることで、自信を持って駐車に取り組みましょう。

実践!縦列駐車のステップ

理論だけでなく、実際の縦列駐車の手順についても確認していきましょう。

縦列駐車のステップ①:車間距離の確保

縦列駐車を行う際には、まず車間距離の確保が重要なステップとなります。車間距離を適切に確保することで、駐車スペースへの進入がスムーズに行えます。以下では、縦列駐車のステップ①として、車間距離の確保について解説します。

最初に行うべきことは、駐車スペースに入るために十分な車間距離を確保することです。車間距離とは、前後に停まる車両との距離のことで、十分なスペースを確保することで円滑な進入が可能です。

車間距離を確保する際には、前後の車両との距離を目視で判断することが大切です。前の車両との距離が狭すぎると、進入時にスペースに収まりきることが難しくなります。逆に距離が広すぎると、他の車両の通行を妨げる可能性があります。適切な車間距離を保つために、周囲の車両とのバランスを考慮しながら、目安となる距離を確認しましょう。

適切な車間距離を確保することで、スムーズな駐車が可能となります。また、逆に十分な車間距離を確保せずに進入すると、車両同士の接触や駐車スペースへの入り込みの角度が不正確になる可能性があります。そのため、駐車スペースに進入する前に車間距離を確保し、正確な位置に駐車するための基礎をしっかりと築くことが大切です。

縦列駐車のステップ①として、車間距離の確保は非常に重要な要素です。駐車スペースへの進入を円滑に行うために、前後の車両との適切な距離を保つよう心掛けましょう。しっかりと車間距離を確保した上で、次のステップに進んでいきましょう。

縦列駐車のステップ②:バックでの進入

縦列駐車のステップ②は、バックでの進入です。車間距離を確保したら、次は駐車スペースにバックで進入することが求められます。以下では、縦列駐車のステップ②として、バックでの進入について解説します。

バックでの進入では、ハンドルを操作しながらゆっくりと進んでいきます。まず、後方を確認しながら車両をバックで進めるようにしましょう。バックミラーやサイドミラーを活用して周囲の状況を把握し、障害物や他の車両との距離を確認することが重要です。特に後方確認には注意を払い、周囲の安全を確保しながら進んでください。

バックでの進入は、ゆっくりとしたスピードで行うことが必要です。急いで進むと、周囲の状況を見落とす恐れがあります。安全かつ正確な進入を実現するためには、適切なスピードで進むことが重要です。特に駐車スペースに近づくにつれて、スピードをさらに落とし、ゆっくりと進んでいくようにしましょう。

進入時には、ハンドルの操作も適切に行う必要があります。逆転したハンドルの操作を忘れずに行い、正確な方向に車体を進めましょう。特に駐車スペースが狭い場合には、微妙なハンドル操作が求められます。適切なタイミングでハンドルを切り返し、スムーズに進入していきましょう。

縦列駐車のステップ②であるバックでの進入は、駐車スペースに入るための重要なステップです。後方確認に注意しながら、ゆっくりと進むことがポイントです。適切なスピードで、ハンドルの操作とも調和しながら進入しましょう。正確な進入によって、駐車スペースに車両をスムーズに収めることができます。

知っておくべき用語とその意味

最後に、縦列駐車に関連する用語とその意味を学んでいきましょう。

外輪差とは

縦列駐車において理解しておくべき用語の一つに、外輪差(がいりんさ)があります。外輪差とは、車体が曲がる際に内側と外側の輪が進む距離が異なる現象を指します。

例えば、左に曲がる場合を考えてみましょう。内側の輪は曲がりながら進むため、進む距離が短くなります。一方、外側の輪は直進方向に進むため、内側よりも進む距離が長くなります。このため、車体が曲がる際には内外の輪で進む距離に差が生じるのです。

外輪差を理解することで、ハンドルの操作がよりスムーズになります。曲がる際にハンドルを正確に切ることで、内外の輪の進む距離の差を調整することができます。適切なハンドルの操作によって外輪差を最小限に抑え、正確な曲がり角度を実現することが重要です。

特に縦列駐車では、外輪差を考慮したハンドルの操作が求められます。狭いスペースへの駐車時には、正確な曲がり角度を守ることが重要です。適切なハンドルの操作によって、外輪差を調整しながら効果的な駐車を実現しましょう。

外輪差とは、曲がる際に内側と外側の輪の進む距離の違いを指す用語です。正確な曲がり角度や適切なハンドルの操作を行うことで、外輪差という現象を考慮しながら、スムーズで正確な縦列駐車ができるようになります。

オープン-2とは

縦列駐車に関連する用語の一つに、オープン-2(オープントゥー)があります。オープン-2とは、運転席から見て2番目のガラス(左右のドアガラス)を指し、このガラスと駐車する位置の関連性を利用した駐車方法を指します。

オープン-2では、運転席から見て2番目のガラスを通じて、車両の位置やスペースとの関係を把握することが重要です。このガラスを利用することで、正確な駐車位置を目視で確認しながら、適切に進行することができます。

オープン-2の駐車方法は、運転席から見て2番目のガラスによるガイドを参考にしながら進んでいくことがポイントです。ガラスを目印にして、スムーズかつ正確な位置に駐車するための目安となります。特に狭いスペースや限られた視界の中での駐車時には、オープン-2の駐車方法が役立ちます。

オープン-2を理解し、活用することで、駐車の正確さと効率性を高めることができます。適切なガラスの位置と駐車スペースとの関係を把握し、オープン-2を目安に進行することで、円滑で正確な駐車が可能になります。

縦列駐車において、オープン-2は便利なツールとなります。運転席から見て2番目のガラスを利用し、スムーズで正確な駐車を実現しましょう。繰り返しの練習を通じて、オープン-2のガイドを上手に活用し、自信を持って駐車に臨むことが大切です。

まとめ:縦列駐車をマスターしよう

以上が縦列駐車をマスターするためのポイントとなります。

ポイントの再確認

縦列駐車をマスターするためには、いくつかのポイントを再確認することが重要です。以下では、縦列駐車を成功させるためのポイントを再確認してみましょう。

まず、ハンドル操作の理解が重要です。縦列駐車では正確なハンドルの操作が求められます。左へ曲がる際は反時計方向に、右へ曲がる際は時計方向にハンドルを切ることを忘れずに行いましょう。ハンドルの切る角度や切り返しのタイミングも重要な要素ですので、適切なハンドル操作によって正確な駐車ができるよう心掛けましょう。

適切な速度での駐車も重要です。スピードが速すぎると駐車スペースの進入が難しくなり、スピードが遅すぎると駐車に時間がかかってしまいます。適切な進行スピードを保ちながら進めるようにしましょう。特に駐車スペースに近づくほどスピードを緩め、ゆっくりと進行することがポイントです。

さらに、距離感の把握も重要なポイントです。車体と駐車スペースの位置関係を正確に把握することが必要です。ゆっくりと進行しながら、駐車スペースとの距離を確認しながら進んでいくことが大切です。適切な距離感を把握することで、正確な駐車が可能となります。

これらのポイントを再確認することで、縦列駐車の成功に近づくことができます。ハンドル操作の理解、適切な速度での駐車、距離感の把握を意識して練習を行いましょう。これらのポイントをマスターすることで、安全でスムーズな駐車が可能になります。

縦列駐車に自信を持つ

縦列駐車をマスターすると、駐車に対する自信を持つことができます。縦列駐車をスキルアップさせることは、全般的な運転技術の向上にもつながります。以下では、縦列駐車に自信を持つためのポイントについて考えてみましょう。

まず、縦列駐車のポイントをしっかりと把握しましょう。ハンドル操作や進行スピードの調整、距離感の把握など、縦列駐車の正確さを確保するためのポイントを再確認しましょう。これらのポイントを理解した上で練習を重ねることで、自信を持って縦列駐車に取り組むことができます。

次に、練習を続けてスキルを向上させましょう。縦列駐車は経験と継続的な練習が必要です。最初は大きなスペースで練習し、徐々に狭いスペースでも駐車できるように挑戦してみましょう。繰り返しの練習を通じて、ハンドル操作やスピードの調整、距離感の把握などのスキルを磨いていきましょう。

また、自信を持つためには焦らずに取り組むことも大切です。縦列駐車は一度や二度の練習ではなかなか上手くいかないかもしれません。しかし、継続した練習を通じて必ず上達することができます。自分の成長を信じて、焦らずに少しずつスキルを高めていきましょう。自信を持って縦列駐車に臨むことで、安心して駐車ができるようになります。

縦列駐車に自信を持つためには、ポイントを把握し継続的な練習を行いましょう。焦らずにスキルを向上させることで、縦列駐車に対して自信を持つことができます。自信を持った駐車ができるように、自分の成長を信じて取り組んでみましょう。自信を持って縦列駐車に臨めるようになれば、運転全体の安全性とスムーズさが向上します。

練習を重ねて完璧に!

理論学習はここまで。あとは、縦列駐車の練習を重ねていきましょう。確かな知識と繰り返しの練習によって、誰もが縦列駐車の達人になれます。

駐車の練習をしよう

縦列駐車のスキルを向上させるためには、練習が欠かせません。駐車の練習を積み重ねることで、正確でスムーズな駐車ができるようになります。以下では、縦列駐車の練習について考えてみましょう。

まずは大きなスペースでの練習から始めましょう。広いスペースでは、ハンドル操作や距離感などをより簡単に習得することができます。十分なスペースを確保し、ゆっくりと駐車を行ってみてください。正確なハンドルの操作や適切な進行スピード、距離感の把握など、基本的な要素を確実に身につけることが大切です。

徐々に狭いスペースでの駐車にも挑戦してみましょう。狭いスペースでは、より正確な操作と距離感が求められます。最初は不安を感じるかもしれませんが、焦らずに進めてください。少しずつ慣れていくことで、狭いスペースでも自信を持って駐車ができるようになります。

練習の際には、周囲の安全に常に注意を払いましょう。駐車場や公道での練習時には、他の車や歩行者に十分な配慮をすることが重要です。周囲の状況をよく観察し、安全に練習を行いましょう。

縦列駐車の練習は継続が大切です。日常的に駐車の機会がある場合は、意識して練習を行ってみてください。また、練習するだけでなく、実際の駐車シーンでの経験を積むことも重要です。状況に応じて様々な駐車スペースに挑戦し、さまざまな状況で対応できるスキルを身につけましょう。

縦列駐車のスキルを高めるためには、駐車の練習が欠かせません。段階的に難易度を上げる練習を行い、正確でスムーズな駐車を目指しましょう。繰り返しの練習を通じてスキルを磨くことで、自信を持って縦列駐車に臨むことができるようになります。

完璧になるまで練習を重ねる

縦列駐車は一度や二度の練習では完璧になることが難しいかもしれません。しかし、練習を重ねることで必ず上達します。焦らずに少しずつ練習を続け、スキルを向上させましょう。

完璧になるまで練習を重ねるためには、忍耐と根気が必要です。最初はうまくいかないこともあるかもしれませんが、それを落ち込むことなく受け入れ、一歩一歩進んでいきましょう。繰り返しの練習を通じて、自身の駐車スキルを洗練させ、完璧な駐車を目指しましょう。

また、練習には自己評価や反省も欠かせません。練習後に自身の駐車を振り返り、どこに課題があったのかを反省してみましょう。自己評価を正確に行い、改善点を見つけ出すことで、次回の練習でそれらを補正できるようになります。

完璧になるまで練習を重ねることで、縦列駐車のスキルは向上します。焦らずにスキルを磨き、自信を持って駐車に臨むことができるようになりましょう。また、練習を通じて駐車スキルを高めることは、一般的な運転技術へと繋がる一歩と言えます。自己の成長を信じ、練習を重ねながら自己の駐車技術を向上させましょう。



[狛江自動車学校は、運転免許取得の他にもペーパードライバー教習も行っており、一発試験での受験も取得時講習もお任せください!狛江市だけでなく近隣の川崎市、調布市、多摩市、稲城市、府中市、西東京市、八王子市、世田谷区、杉並区からも多くのお客様がご来校されてます。当教習所の特徴としては、ご自宅からの無料送迎サービスや分からないことはすぐに公式LINEで聞くことのできる環境もご好評いただいております。また、小田急線、狛江駅から徒歩3分の所に校舎があります。ご不明点、ご質問等ございましたらお問い合わせフォームからお気軽にお問い合わせください。]

狛江自動車学校
ロゴ
交通事故を最小限に抑えることを使命として、狛江で教習所を営業しております。指定自動車教習所の指導員の資格を持つスタッフが、温かく丁寧な指導により、受講者様の運転免許の取得を全面的に支援いたします。
狛江自動車学校

〒201-0003

東京都狛江市和泉本町1-1-2 松坂ビル3階