雨の日の運転スキルを磨く!狛江限定のヒント

雨の日の運転が苦手なあなた!ここでは、狛江に密着した運転テクニックや知識を紹介します。地元狛江の環境を考慮した情報を踏まえて、雨天時も安心して車を運転できるようになりましょう。
狛江自動車学校
ロゴ
交通事故を最小限に抑えることを使命として、狛江で教習所を営業しております。指定自動車教習所の指導員の資格を持つスタッフが、温かく丁寧な指導により、受講者様の運転免許の取得を全面的に支援いたします。
狛江自動車学校
住所:

〒201-0003

東京都狛江市和泉本町1-1-2 松坂ビル3階

電話番号:
03-6824-7920

雨の日の運転で大切なこと

まずは雨の日に運転する上で注意するべき基本的な点を知ることが大切です。視界や路面状況が変わることによる影響を把握しましょう。

雨の影響理解

雨の日の運転では、雨が降ることによる様々な影響に注意が必要です。まずは、雨が視界に与える影響を理解しましょう。雨が降ると、水滴がフロントガラスに付着して視界が妨げられます。特に強い雨や霧雨の場合は、視界がぼやけることがありますので、ワイパーを適切な速度で動かし、フロントガラスをきれいに保つようにしましょう。

また、雨の日の路面状況も運転に影響を及ぼします。路面が濡れていると滑りやすくなりますので、適切なスピード調整や早めのブレーキングが求められます。さらに、水たまりができている場合も注意が必要です。水たまりに入ると、ハイドロプレーニング現象が起こり、タイヤが路面との接触を失って滑ってしまうことがあります。そのため、水たまりを避けるように心がけましょう。

雨の影響を理解することは、安全な運転のために非常に重要です。雨天時には視界を確保し、適切なスピードで走行するようにしましょう。さらに、路面の状況にも注意を払い、滑りやすい箇所や水たまりを避けるようにすると、より安全な運転が可能です。常に周囲の状況に敏感に気を配り、狛江の雨の日の運転に対応しましょう。

適切な運転方法

雨の日の運転では、適切な運転方法を心掛けることが重要です。特に二車線以上の道路では、中央のレーンを選択することで安全度を高めることができます。中央のレーンを選ぶことで、両側の車線ともにギャップが空いているため、他の車との接触リスクを減らすことができます。また、前方の車との安全な距離を保つことも重要です。雨の日は制動距離が長くなるため、前車との距離を十分に確保しておくことで、急ブレーキや衝突回避などの余裕を持って対応できます。

さらに、雨天時には適切な速度で走行することも重要です。路面が滑りやすくなるため、通常よりもスピードを抑える必要があります。また、速度が適切かどうかを確認するために、周囲の車との適切な間隔を保つことも大切です。他の車との距離が近すぎると、突然ブレーキを踏むことになった場合に衝突の危険性が高まります。十分な安全距離を保つことで、予期せぬ事態にも対応できるようにしましょう。

適切な運転方法を守ることで、雨の日の運転においても安全性を確保することができます。中央のレーンを選び、前車との安全な距離を保ち、適切な速度で走行しましょう。狛江の道路事情を考慮しながら、雨の日の運転に臨むことで、より安全で快適なドライブを楽しむことができます。

路面状況に応じた運転

雨によって路面状況が変わった場合の対応方法を見ていきましょう。雨の量や降り方によっても運転のポイントが変わることを忘れないようにしましょう。

激しい雨の運転

雨の中でも、激しい雨の日は特に運転に注意が必要です。激しい雨は、雨粒が大きくなり、視界が悪くなる可能性があります。そのため、スピードを落として慎重に運転することが重要です。

激しい雨の場合、水たまりができやすくなります。水たまりはタイヤが水面を滑走するハイドロプレーニング現象を引き起こし、車両の制御が難しくなります。このような状況では、速度を落として慎重に運転しましょう。また、水たまりを避けるために、前方を注意深く見ることも重要です。

激しい雨の中では、ウィンドウやミラーが曇ることがあります。曇ったガラスは視界を妨げるため、ワイパーやエアコンのデフロスターを使用して曇りを取り除きましょう。視界が確保された状態で運転を行うことで、安全性を確保することができます。

激しい雨の日には、風も強くなることがあります。側風に注意し、ハンドルをしっかりと握りましょう。特に高速道路など、開けた道路では、強風が車両の反応を左右に傾けることがありますので、運転には十分な注意が必要です。

激しい雨の日は、運転に不安を感じるかもしれませんが、適切な対応をすることで安全に運転することができます。スピードを落とし、水たまりを避け、視界を確保することに注力しましょう。雨の日の運転スキルを磨くために、狛江の様々な路面状況に慣れておくことも大切です。地元狛江での運転経験を積み重ねながら、激しい雨の日でも自信を持って運転できるようにしましょう。

雨上がりの運転

雨上がりの運転も、濡れた路面から乾いた路面への変化に対応する必要があります。雨が上がった直後は路面がまだ濡れた状態を保っているため、特に注意が必要です。

雨上がりの路面は滑りやすくなることがあります。濡れた路面からの急激な減水により、路面が滑りやすくなる現象が起こります。そのため、ブレーキングや加速時には特に慎重に操作しましょう。また、カーブなどでの転倒やスリップのリスクも高まるため、適切な速度で、安定したハンドル操作を心がけましょう。

雨上がりの時は、路面に水たまりやドロが残ることがあります。これらの障害物は視界を遮るだけでなく、タイヤのグリップを妨げる可能性もあります。そのため、前方をよく見て、水たまりやドロを回避するよう心がけましょう。また、水たまりに入ってしまった場合は、車両が揺れやすくなるので、慌てずに安定した運転を心掛けましょう。

雨上がりの運転では、路面の急激な変化に対応しなければなりません。まだ濡れている状態の路面は滑りやすく、水たまりやドロにも注意が必要です。適切な速度で、安定したハンドル操作を行い、視界を確保しながら運転しましょう。狛江の雨上がりの道路では、特に慎重さが求められます。自身の運転スキルを高めるためにも、様々な路面状況に慣れることが重要です。雨上がりの運転にも十分な注意を払いながら、地元狛江の景色を楽しむドライブを存分に楽しんでください。

狛江での運転要点

次に、地元狛江の特徴を踏まえた運転のポイントについて考えてみましょう。地域の特性を踏まえることで、更に安全な運転が可能になります。

狛江の道路事情

狛江では、特有の道路事情が存在します。幅の狭い道路や交差点の密集など、地域独特の道路状況に対応するためには、運転者は特別な配慮が必要です。

狛江には、幅の狭い道路が多く存在します。特に住宅街や商店街などでは、片側1車線程度の道路が一般的です。そのため、両側から車が出てくる可能性が高く、交差点では両方向からの車両の通行に注意が必要です。また、幅が狭いため、対向車とのすれ違い時や駐車時には特に注意が必要です。周囲の車両や歩行者に注意を払いながら、ゆっくりと走行しましょう。

狛江では、交差点が密集している地域も多く見られます。交差点には信号や標識が設置されていますが、車両や歩行者の流れが複雑であるため、十分な視野を確保して進入する必要があります。交差点では右左折時には特に注意が必要です。前方と交差点の進行を確認し、安全に進路変更できるようにしましょう。

さらに、狛江では坂道が多くあります。特に雨の日には、坂道の滑りが懸念されますので、注意が必要です。坂道では、急ブレーキや急加速を避け、ゆっくりと安定した走行を心がけましょう。特に下り坂は制動距離が長くなるため、ゆっくりと速度を調整し、安全な距離を保って走行しましょう。

狛江の道路事情は、地域の特性を反映しています。幅の狭い道路や交差点の密集は、運転において特別な慎重さが求められます。両側からの車両や交差点での進路変更に注意し、坂道では安定した走行を心掛けましょう。地元狛江での運転経験を通じて、地域特有の道路事情に慣れていきましょう。安全な運転を心掛けながら、狛江の素晴らしい景色を楽しむドライブを楽しんでください。

地元の気象情報活用

狛江では、地元の気象情報を活用することが重要です。雨の日の運転においては、最新の気象情報を把握することで、予期せぬトラブルを避けることができます。

地元の気象情報としては、天気予報や雨雲レーダーなどがよく利用されます。天気予報を確認することで、当日の降水確率や予想される降雨量を把握することができます。これにより、出かける時間や行程を調整するなど、適切な対策を取ることができます。

また、雨雲レーダーを活用することで、降雨の様子をリアルタイムで確認することができます。これにより、降雨のピークや雨が上がる時間帯を把握することができます。特に雨が激しくなる直前や雨上がりのタイミングは、運転において特に注意が必要です。雨雲レーダーをチェックすることで、適切な運転計画を立てることができます。

さらに、地元の情報を活用するためには、地元のラジオやテレビの天気予報や交通情報もチェックしましょう。これらのメディアでは、地域に密着した情報が提供されることがあります。道路状況や交通規制などに関する情報を把握することで、よりスムーズな運転プランを立てることができます。

狛江では、地元の気象情報を常にチェックすることが運転の安全性を高めるポイントです。天気予報や雨雲レーダー、地元のラジオやテレビの情報を上手に活用しましょう。これにより、雨の日の運転においても事前に情報を把握し、安全な運転プランを立てることができます。地元狛江での運転経験を通じて、地域の気象条件にも精通し、より安全で快適なドライブを楽しんでください。

虹の橋の乗り方

狛江にある虹の橋は、雨の日に便利なランドマークです。しかし、雨の日の運転には特別な注意が必要です。ここでは虹の橋の乗り方について解説します。

虹の橋へのアプローチ

狛江には虹の橋があり、雨の日の運転において便利なランドマークとなっています。虹の橋へのアプローチも、運転において特別な注意が必要です。ここでは、虹の橋へのアプローチについて解説します。

まず、虹の橋へのアプローチする際には、特にスピード調整とレーン確認が重要です。虹の橋周辺の道路は交通量が多いことがありますので、あらかじめ適切な速度に落としておきましょう。また、周囲の車両との距離を保ちながら、安全にアプローチするためにも、レーンを確認しましょう。正しいレーンに入り、安定した進行を心がけましょう。

さらに、虹の橋へのアプローチでは、周囲の車両の動きにも注意が必要です。他の車両が急にレーンを変更する可能性があるため、周囲の車両の動向を的確に把握しましょう。特に、左折車や出口のあるレーンには注意が必要です。安全な行動を心がけ、予測しながらアプローチしてください。

虹の橋に到着した際には、レーン変更や減速などを行う必要があります。まず、レーン変更する際には、周囲の車両との間隔をしっかり確認し、スムーズに変更できるようにしましょう。また、虹の橋を降りる際には、早めのスピードダウンと周囲の確認が重要です。降りた直後は、路面が濡れて滑りやすい可能性があるため、特に慎重な運転が求められます。

虹の橋へのアプローチはクローズアップしておくべきポイントです。スピード調整とレーン確認、周囲の車両の動きへの注意など、安全なアプローチ方法を把握しておきましょう。虹の橋を無事に通過することで、雨の日の運転においても目的地に安全かつ快適に到着できます。狛江の虹の橋を巡るドライブを楽しむ際には、これらの運転テクニックを活用しましょう。

虹の橋を降りるとき

虹の橋を降りる際も、適切な対応が求められます。降りるときには、早めのスピードダウンと周囲の確認が重要です。

虹の橋を降りる際には、まず早めのスピードダウンを心がけましょう。虹の橋は上り坂に位置していることが多く、降りる直前に急な下り坂が待っています。この急な下り坂では制動距離が長くなるため、事前にスピードを落としておくことが重要です。安定した速度で降りることで、制動やハンドル操作の制御がしやすくなります。

次に、降りた直後は周囲の確認を徹底しましょう。虹の橋の降り口付近は他の車両の出入りが多いため、注意が必要です。前方や側方を注意深くチェックし、他の車との衝突や接触を避けるようにしましょう。また、車線変更や進路変更する際には、ウィンカーの使用と十分な間隔を保つことも大切です。周囲の車両との協調運転を心掛けましょう。

虹の橋の降り口に到着したら、交通の流れに合わせてスムーズに車線変更や進路変更を行いましょう。周囲の車両との協力や譲り合いが求められる場面もありますので、安全な運転マナーを心掛けましょう。また、降りてからも路面が濡れている可能性があるため、スリップに注意すると同時に、適切な速度で安定した運転を心がけましょう。

虹の橋を降りる際には、早めのスピードダウンと周囲の確認が大切です。制動距離の長い急な下り坂に備えて速度を落とし、安定した速度で降りていきましょう。周囲の車両に配慮し、安全かつスムーズに降り口を通過することが大切です。虹の橋の降り口での適切な運転技術を身につけることで、狛江でのドライブもより安全で快適なものとなるでしょう。

セーフティドライブ活動

地元狛江では、さまざまな安全運転の活動が実施されています。一緒に参加して自身の運転スキルを磨きましょう。

地元の教習所活用

狛江には複数の教習所があり、雨の日の運転についても指導を行っています。地元の教習所を活用することで、実際の気象条件下での運転を体験することができます。

地元の教習所では、雨の日の運転における基礎的なテクニックや安全な運転方法について指導が行われています。専門のインストラクターが適切なスピード調整やブレーキング、スリップ回避の方法などを教えてくれます。室内での学習だけでなく、実際の車での実習も行われるため、自信をつけることができます。

教習所での実際の運転経験は、道路上でのトラブルを防ぐ役にも立ちます。雨天時における適切な反応や対応方法を学ぶことで、自分自身の運転スキルを向上させることができます。また、実際の運転状況を体験することで、雨の日の運転に対する不安や恐怖心を克服することもできます。

地元の教習所を活用するだけでなく、市や地元自治体が主催する運転安全訓練にも参加することをおすすめします。狛江では平成30年度に、消防と連携した運転安全訓練が行われました。こうした公的な取り組みに参加することで、より実践的な知識やスキルを身につけることができます。

地元の教習所は、雨の日の運転における知識とスキルを磨くために活用すべき貴重な場です。指導を受けながら実際の運転経験を積むことで、自信を持って雨の日の運転に臨むことができます。地域の安全運転活動にも積極的に参加し、自身のスキルをさらに磨いていきましょう。

公的な取り組み

狛江では、市(地元自治体)が積極的に運転安全の取り組みを行っています。公的な取り組みに参加することで、自身の運転スキルをより高めることができます。

狛江では、平成30年度に消防と連携した運転安全訓練が実施されました。この訓練では、実際の運転状況を再現し、事故防止のための運転テクニックや危機管理について学ぶことができました。このような訓練に参加することで、現実の道路事情や状況に即した対応力を身につけることができます。

また、市や地元自治体では、定期的に運転安全啓発活動を行っています。これには、パンフレットの配布やポスター展示、セミナーの開催などが含まれます。これらの活動に参加することで、交通安全に対する意識を高めるだけでなく、他の運転者との共感を共有することもできます。

さらに、狛江では地元の教習所とも連携し、運転安全に関する取り組みを行っています。地元の教習所は、安全な運転に必要な知識とスキルを教えてくれます。また、教習所での取り組みと連携して、実践的な安全運転活動を行うことで、より確かな運転スキルを身につけることができます。

地元の運転安全に関する公的な取り組みに参加することで、自身の運転スキルを磨くことができます。消防との連携した訓練や運転安全啓発活動など、様々な取り組みに参加しましょう。これにより、安全な運転への意識を高め、狛江の道路での安全性を向上させることができます。安全運転への積極的な参加を通じて、より快適で安全な運転環境を築いていきましょう。

専門家からのアドバイス

最後に、運転の専門家から学べるアドバイスを紹介します。これらの知識を得ることで雨の日の運転がクリアになります。

雨の日の車両準備

雨の日の運転に備えるためには、車両の準備も重要です。雨の日の運転前には、以下の点をチェックすることが重要です。

まず、ワイパーの状態を確認しましょう。ワイパーブレードが劣化していると、雨をきれいに拭き取ることができず、視界が悪くなります。必要であれば、新しいワイパーブレードに交換しましょう。また、ワイパーアームがしっかりと固定されているかも確認しましょう。

次に、タイヤの状態と空気圧を確認しましょう。タイヤの溝が十分に残っているかをチェックし、適切なタイヤトレッドの深さを保っていることを確認しましょう。また、タイヤの空気圧も適切な範囲に設定されているかを確認し、必要に応じて調整しましょう。適切なタイヤの状態と空気圧は、路面とのグリップを確保するために重要です。

さらに、フロントガラスやバックミラーのクリーニングも忘れずに行いましょう。雨の日には水滴がフロントガラスやミラーに付着し、視界が妨げられます。クリーニングを行うことで、視界を良好な状態に保つことができます。ガラス用のクリーナーやマイクロファイバークロスを使用して、しっかりと清掃しましょう。

雨の日の運転前に、ワイパーの確認やタイヤの状態、フロントガラスやバックミラーのクリーニングを行うことで、安全な運転に役立ちます。これらの点を意識して準備を行い、快適かつ安全な雨の日の運転を楽しみましょう。地元狛江の気象条件に適した車両の準備を行うことで、より安心してドライブを楽しむことができます。

運転中の注意点

運転中は、雨の日に特に注意が必要です。安全な運転をするためには、以下の点に留意しましょう。

まず、適切なスピードでの走行が重要です。雨の降り方や路面の状態に応じて、適切な速度で走ることが必要です。速度が速すぎると制動距離が長くなり、スリップやハイドロプレーニングのリスクが高まります。安全な速度で走行し、予期せぬ急ブレーキやスリップの回避に備えましょう。

次に、無理な追い越しを避けることも重要です。雨の日の視界は悪くなる傾向がありますので、前の車との間隔を保ちながら走行しましょう。前車が急にブレーキを踏んだり、スリップしたりする可能性があるため、安全な距離を保つことで事故や危険を回避できます。

また、激しい雨が降る場合は、視界が制限されることがあります。そのような場合には、適宜安全な場所に停車して、雨が収まるのを待つことも考慮しましょう。安全な場所での待機は、視界回復や交通状況の安定に役立ちます。

そして、常に周囲の状況に注意を払うことも大切です。他の車両が急発進や急ブレーキをする可能性があるため、周囲のドライバーの動きを予測し、適切な対応をするようにしましょう。また、歩行者や自転車、バイクなど他の交通参加者にも注意を払い、安全な距離を保つようにしましょう。

運転中は常に注意を怠らず、状況に応じた安全な対応をすることが重要です。適切なスピードで走行し、無理な追い越しを避け、視界の制限にも注意を払いましょう。周囲の状況を的確に把握し、予期せぬ事故を防ぐためにも安全な運転を心掛けましょう。地元狛江での運転経験を通じて、より安全な運転スキルを身につけましょう。

まとめ

以上が雨の日の運転についての情報です。これらのテクニックや知識を活用することで、雨天でも安全に運転を楽しめます。

基本の運転テクニック

雨の日の運転における基本的な運転テクニックには、いくつかのポイントがあります。以下で紹介します。

まず、適切なスピード調整が重要です。雨の日は路面が滑りやすくなるため、通常の速度での運転では危険です。スピードを落とし、制動や加速の際にはゆっくりと行うようにしましょう。安定した速度で走行することで、車両の制御を容易に保つことができます。

次に、早めのブレーキングが求められます。雨の日の路面は滑りやすくなるため、突然の急ブレーキをするとスリップのリスクが高まります。前方の車や信号が変わる兆候を見逃さず、予測して早めのブレーキを行いましょう。安全な停止距離を確保することで、周囲の車両への衝突を避けることができます。

また、前車との安全な距離を保つことも重要です。雨の日の視界は悪くなるため、十分なスペースを取ることで前方の状況をより良く把握することができます。前車との距離を十分に保ちながら走行し、急ブレーキが必要な場合にも十分な余裕を持って対応しましょう。

基本の運転テクニックを守ることで、雨の日の運転がスムーズかつ安全になります。適切なスピード調整、早めのブレーキング、前車との安全な距離の保持などを心掛けましょう。これらのテクニックは、狛江の地域特性にも対応しています。地元の道路事情や気象条件に合わせた運転スキルを身につけ、自信を持って安全な運転を楽しみましょう。

狛江特有の運転テクニック

狛江の特有の地形や道路状況に合わせた運転テクニックも重要です。以下に、狛江特有の運転テクニックを紹介します。

まず、狛江では幅の狭い道路が多く存在します。両側から車が進入してくることがあるため、特に慎重な運転が求められます。両側の車線ともギャップが空いている中央のレーンを選択することで、安全な運転ができます。また、ミラーや視界の確認にも注意を払いながら、ゆっくりと走行しましょう。

狛江では、道路事情に応じたスピード調整も重要です。幅の狭い道路や交差点の多い場所では、周囲の車両や歩行者に注意を払いながら適切な速度で進む必要があります。時には、周囲の交通状況に合わせてスピードを落とすことも必要です。狛江での運転では、特に慎重さが求められますので、スピードに注意を払いながら走行しましょう。

さらに、地元の気象情報を活用することも狛江特有の運転テクニックです。狛江の地域気候に合わせた運転計画を立てるためには、最新の気象情報をチェックしましょう。天気予報や雨雲レーダーなどを利用して、路面の状況や降雨の予測を把握することが重要です。これによって、適切な運転プランを立てて安全な運転を心がけることができます。

狛江特有の運転テクニックを身につけることで、安全でスムーズな運転が可能になります。幅の狭い道路での適切なスピード調整や交差点での慎重な運転、地元の気象情報の活用などが重要です。狛江の道路事情に合わせた運転スキルを磨き、より安全なドライブを楽しみましょう。地元の景色を楽しみながら、安全な運転を心掛けましょう。

最後に

雨の日の運転に対する恐怖を克服し、安全なドライブを実現するためには、理論知識と実践の両方が重要です。

理論知識の習得

雨の日の運転に対する理論知識の習得は、安全な運転に不可欠です。以下では、雨の日の運転に関する基本的な理論知識を紹介します。

まず、雨の影響について理解することが重要です。雨が降ると視界が悪化するだけでなく、路面が滑りやすくなる場合があります。これにより、車両の制動や操作が困難になることがあります。雨天時は速度を落とし、ブレーキングやハンドル操作によるスムーズな制御を心がけましょう。

次に、激しい雨や雨上がりの運転についての理論を学びましょう。激しい雨の際は水たまりやハイドロプレーニング現象によるスリップのリスクが高まります。適切な速度で安定した走行を心掛け、水たまりを避けるようにしましょう。また、雨上がりの路面は滑りやすいため、早めのブレーキや慎重な操作が必要です。

さらに、地元狛江の道路事情や特徴についても理解することが重要です。幅の狭い道路や交差点の多い狛江では、慎重な運転が求められます。適切なスピード調整や注意深い視界確認など、地域に合わせた運転技術を心掛けましょう。

理論知識の習得は、安全な運転に欠かせません。雨の影響や激しい雨・雨上がりの運転に関する理論を学び、地元の道路事情に適した運転スキルを身につけましょう。地元の教習所や運転安全啓発活動への参加もおすすめです。狛江での運転経験を通じて、理論知識と実践の組み合わせによる安全な運転を実現しましょう。

実践によるスキルアップ

理論知識だけではなく、実践を通じてスキルアップすることも重要です。以下では、実践によるスキルアップのポイントについて紹介します。

まず、教習所でのトレーニングが効果的です。地元の教習所では、実際の運転経験を積むことができます。雨の日の運転に特化したコースでの訓練や、実際の気象条件下での運転体験ができるため、自信を付けることができます。インストラクターからの指導を受けながら、安全な運転スキルを磨いていきましょう。

また、地元の安全運転活動に参加することもおすすめです。地元の消防や交通局が実施する運転安全訓練やセミナーに参加することで、現実の交通状況に即した対応力を養うことができます。実際のシチュエーションで運転スキルを磨くことは、理論だけでは得られない経験と自信を築くことができます。

さらに、日常の運転でも意識的に安全な運転を心がけることが重要です。雨の日だけでなく、晴れの日でも常に周囲の状況に注意を払いましょう。適切なスピードでの走行、信号や標識の遵守、安全な車間距離の確保など、基本的な運転マナーを守ることで、狛江での運転スキルを向上させることができます。

理論知識と実践の両方を組み合わせることで、より高い運転スキルを身につけることができます。教習所でのトレーニングや地元の安全運転活動への参加を通じて、実践的な運転経験を積み重ねましょう。日常の運転でも安全な運転を心掛け、狛江での運転スキルを磨いていきましょう。


[狛江自動車学校は、運転免許取得の他にもペーパードライバー教習も行っており、一発試験での受験も取得時講習もお任せください!狛江市だけでなく近隣の川崎市、調布市、多摩市、稲城市、府中市、西東京市、八王子市、世田谷区、杉並区からも多くのお客様がご来校されてます。当教習所の特徴としては、ご自宅からの無料送迎サービスや分からないことはすぐに公式LINEで聞くことのできる環境もご好評いただいております。また、小田急線、狛江駅から徒歩3分の所に校舎があります。ご不明点、ご質問等ございましたらお問い合わせフォームからお気軽にお問い合わせください。]

狛江自動車学校
ロゴ
交通事故を最小限に抑えることを使命として、狛江で教習所を営業しております。指定自動車教習所の指導員の資格を持つスタッフが、温かく丁寧な指導により、受講者様の運転免許の取得を全面的に支援いたします。
狛江自動車学校

〒201-0003

東京都狛江市和泉本町1-1-2 松坂ビル3階