運転免許が失効!? 再取得方法と注意点を詳しく解説

この記事では、運転免許が失効した際の対処方法や必要な手続きについて詳しく解説します。具体的な申請方法や必要書類、期間などをわかりやすく解説し、一人でも多くの人々の参考になるような内容となっています。
狛江自動車学校
ロゴ
交通事故を最小限に抑えることを使命として、狛江で教習所を営業しております。指定自動車教習所の指導員の資格を持つスタッフが、温かく丁寧な指導により、受講者様の運転免許の取得を全面的に支援いたします。
狛江自動車学校
住所:

〒201-0003

東京都狛江市和泉本町1-1-2 松坂ビル3階

電話番号:
03-6824-7920

運転免許の失効とは

運転免許の失効について理解を深めていきましょう。失効の原因やその後の手続きの大切さを認識することが重要です。

失効の原因

運転免許の失効は、さまざまな原因によって引き起こされます。まずは、運転免許滞納です。運転免許の更新手続きを怠った場合や、更新料金の支払いを忘れた場合には、免許は失効してしまいます。また、違法行為による失効もあります。例えば、飲酒運転や無免許運転を行った場合、交通法規違反を繰り返した場合などは、運転免許が失効の対象となります。さらに、長期間運転をしないことも免許の失効原因となります。免許を保有しているにも関わらず、一定期間以上運転をしない場合には、免許の有効期限が切れてしまい、結果として失効となります。これらの原因によって運転免許が失効してしまうことは、運転者にとっては大変な問題です。運転免許の持っている安心感や便利さを失うことになるため、失効を避けるためには、適切な手続きと注意が必要です。

失効後の手続きの必要性

運転免許の失効後、適切な手続きを行うことは非常に重要です。なぜなら、失効後の手続きを怠ると、再び運転をする際に困難な状況が生じるからです。

まず、失効後の手続きを行うことによって、運転免許証を再取得することができます。免許証は、運転するための証明書であり、その証明書がないと運転はできません。失効が確認された場合、警察や交通機関によって運転禁止措置が取られることもあります。再取得の手続きを行えば、運転免許を取り戻し、再び合法的に運転することができます。

さらに、失効後の手続きは免許証以外にも関連する情報やデータを更新するためにも必要です。例えば、住所変更や保険情報の更新、適用される違反ポイントや運転歴の管理など、運転免許には様々な情報が含まれています。これらの情報を最新のものとして保持するためにも、失効後に適切な手続きを行う必要があります。

さらに、失効後の手続きは将来の運転のための準備にもなります。免許を失効させるような原因や行動を反省し、再び免許を取得するための意識改善や安全運転への取り組みを行うことが重要です。失効後の手続きを行いながら、自身の運転の改善に努めることで、再び運転免許を取得しても同じ過ちを繰り返さないようにすることができます。

失効後の手続きを怠ると、免許証の再取得や関連する情報の更新ができないだけでなく、法的なトラブルや違法行為による重い罰則を受ける可能性もあります。失効を防ぐためには、失効の原因や手続きの必要性を認識し、運転免許の管理を適切に行うことが大切です。

失効した運転免許証の再取得方法

失効した運転免許証を再取得するにはどうしたらいいのでしょうか。具体的な手順を把握することで、スムーズに手続きができます。

申請手続きの方法

運転免許の再取得には、まず申請手続きを行う必要があります。具体的な申請手続きの方法を理解しておくことで、スムーズに手続きを進めることができます。

まず、申請手続きの最初のステップは、所轄の運転免許センターへの来場です。免許の失効後、再取得を希望する場合には、まず最寄りの運転免許センターに足を運びましょう。センターの窓口で、再取得の申請手続きに関する詳細な情報を入手することができます。また、必要な書類の提出方法や手数料についても確認しましょう。

次に、必要書類を用意しましょう。申請には、本人確認書類や写真などの書類が必要です。本人確認書類には、運転免許証の失効証明書やパスポート、マイナンバーカードなどがあります。また、写真には厳密な規定がありますので、指定された要件を満たす写真を用意しましょう。

申請書類と必要な書類を用意したら、再取得の申請手続きを行います。申請手続きでは、事前に準備した申請書類を提出し、所定の手数料を支払うことが求められます。また、申請にあたっては、指定された手続き窓口での面接や、適性検査などの試験も行われる場合があります。これらの手続きに合格すれば、再取得のための許可が与えられます。

申請手続きは一連の流れで進められますが、各地域や免許の種類によって手続きの内容や手順が異なる場合があります。したがって、再取得を希望する際には、目的地近くの運転免許センターや交通局のウェブサイトなどで詳細な情報を確認しましょう。また、手続きがスムーズに進むように、必要な書類の準備や手数料の支払いなどを予め整えておくことも重要です。

手続きの方法を正確に理解し、必要な書類を用意することで、運転免許の再取得の申請手続きを円滑に進めることができます。免許の失効後には、迅速な対応と注意深い準備を行い、再び運転するための免許を取り戻しましょう。

申請に必要な書類

運転免許の再取得には、申請に必要ないくつかの書類があります。これらの書類を適切に提出することで、再取得手続きをスムーズに進めることができます。

まず、最も重要な書類は本人確認書類です。本人確認書類とは、運転免許証の失効証明書やパスポート、マイナンバーカードなど、個人を特定するための書類のことです。免許証が失効している場合でも、本人確認書類があれば再取得の申請ができます。これらの書類は、正確な情報を含み、有効期限内である必要があります。

また、写真も重要な要素です。運転免許再取得の申請には、指定された要件に合致する写真を提出する必要があります。写真の要件は地域や免許の種類によって異なる場合がありますが、一般的な要件としては、写真のサイズや背景色、顔の大きさなどが指定されています。正確な要件に従って準備された写真を提出することで、再取得手続きが円滑に進むでしょう。

さらに、失効の原因によっては、補完的な書類も提出する必要があります。例えば、運転免許滞納が原因で失効した場合には、滞納金の納付証明書や債務整理の証明書などが必要になることもあります。失効の原因に応じて、適切な補完書類を用意しておく必要があります。

最後に、申請手数料も忘れてはなりません。免許の再取得には手数料がかかりますので、適切な金額を用意しておくことが重要です。手数料の支払いは、申請書類と一緒に提出する必要がありますので、十分な準備をしておきましょう。

運転免許の再取得には、本人確認書類、写真、場合によっては補完的な書類や手数料の提出が必要です。これらの書類を正確かつ適切に用意することで、再取得手続きを円滑に進めることができます。失効後の再取得をスムーズに行うために、必要な書類の準備をしっかりと行いましょう。

再取得までの期間

運転免許の再取得までにはどのくらいの期間が必要なのでしょうか。準備する書類や手続きにもよりますが、目安となる期間について説明します。

期間の計算方法

運転免許の再取得には、申請から許可されるまでの一定の期間が必要です。この期間は、それぞれの手続きや要件によって異なります。では、具体的に期間を計算する方法を確認していきましょう。

まず、期間の計算方法の基本は、申請日から許可される日までの日数を算出することです。通常、この期間は数週間から数ヶ月にわたることがあります。手続きの複雑さや混雑状況、各地域の違いなどによって異なるため、個々のケースによって期間が異なることを覚えておきましょう。

また、期間の計算には、書類の提出や審査の数日や数週間、手紙のやり取りや窓口の対応などにかかる時間も加味する必要があります。これらの要素によって期間が延びることがあるため、注意が必要です。

さらに、特定の期間が指定されている場合もあります。例えば、特定の手続きにおいては、30日以内に申請を行う必要がある場合があります。このようなケースでは、期限を過ぎないように注意しなければなりません。

期間の計算は複雑な場合があり、時間や手続きの進行状況によって変わることを念頭に置いておくことが重要です。手続きの進捗状況や許可の通知などによって期間が変動することもありますので、目安として考えながらも、個別のケースに応じた期間を把握する必要があります。

運転免許の再取得には、正確な期間の計算が必要です。手続きの進捗状況や手紙のやり取り、審査の時間などを考慮しながら、申請日から許可通知が届くまでの期間を把握しましょう。また、特定の期限が設定されている場合には、期限を守ることも重要です。期間の計算については、運転免許センターや交通局のウェブサイトなどで具体的な情報を確認することをおすすめします。

時間を短縮するためのアドバイス

運転免許の再取得には、時間を短縮するためのいくつかのアドバイスがあります。これらのアドバイスを活用することで、手続きをスムーズに進めることができます。

まず、事前に必要書類を整理しましょう。申請に必要な書類は様々な種類がありますので、再取得の手続きを開始する前に、どの書類が必要かを確認しておきましょう。必要書類を一括で用意し、整理しておくことで、手続き中に書類の不足や遅延などのトラブルを避けることができます。

また、適宜予約を利用しましょう。運転免許センターや交通局では、事前に予約を行うことで手続きをスムーズに進めることができます。予約時間には余裕を持って現れ、混雑時を避けるために適切な時間帯を選びましょう。さらに、一部の手続きはオンラインで行うこともできる場合がありますので、ウェブサイトをチェックして適切な手続き方法を選ぶことも有益です。

書類の提出や手続きにおいては、正確な情報を提供することも重要です。免許証の失効に関連する情報や個人情報などは、正確に入力しましょう。また、手続き中に必要な情報や要件を逐一確認し、漏れやミスがないかを注意深くチェックすることも大切です。

さらに、他の手続きとの兼ね合いも考慮しましょう。例えば、保険や自動車税の手続きと合わせて行うことで、往復の移動や時間を節約することができます。複数の手続きを同時に進めることで効率的に時間を使いましょう。

運転免許の再取得手続きにおいて、必要書類の整理や予約の利用、正確な情報の提供、他の手続きとの合わせ技を活用することで、時間を短縮することができます。手続きをスムーズに進めるためには、これらのアドバイスを念頭において準備を行いましょう。時間と手間を最小限に抑え、再取得の手続きをスムーズに進めましょう。

適用される罰則

失効した運転免許を持って運転すると、何が起こるのでしょうか。罰則について理解することで、再発を防ぐ重要な手がかりとなります。

無免許運転の罰則

運転免許が失効したまま運転を行うことは、無免許運転となります。無免許運転には厳しい罰則が課せられます。では、具体的な罰則について見てみましょう。

まず、無免許運転の最も一般的な罰則は、刑事罰です。運転免許を取り戻す前に運転する行為は、法律で明確に禁止されています。無免許運転が発覚した場合、刑事事件として処理されることがあり、罰金や懲役の刑が科せられる可能性があります。また、無免許運転によって事故が発生した場合には、重い罪状となり、刑罰が更に厳しくなることもあります。

さらに、無免許運転の行為は保険の対象外となります。自動車保険は、有効な運転免許を持つ運転者に適用されます。しかし、無免許運転を行っている場合には、保険の対象外となり、万が一の事故が発生した場合には、自己負担や民事賠償の責任を負うことになります。このような状況は、経済的な負担をはるかに増大させる可能性があります。

さらに、無免許運転の事実は運転歴にも影響を及ぼします。無免許運転の違反記録は運転歴に記録され、将来の免許取得や保険の加入にも影響を及ぼす可能性があります。また、無免許運転の違反ポイントが蓄積されれば、運転免許証を再取得する際に追加の講習や試験が課せられることもあります。

無免許運転は法的な問題だけでなく、事故や経済的な損失など深刻な影響をもたらします。運転免許が失効した場合は、適切な手続きを行い再取得を目指すことが重要です。免許を持たずに運転することは違法であり、その結果生じる罰則やリスクを理解し、再び無免許運転を行わないようにしましょう。

再犯防止のための対策

無免許運転の再犯を防止するためには、いくつかの対策を講じることが重要です。再犯を避けるために役立ついくつかのアドバイスをご紹介します。

まず、免許の有効期限をきちんと把握しましょう。運転免許の有効期限を確認し、期限が近づいたら早めに更新手続きを行うことで、無免許運転によるリスクを回避することができます。定期的に免許の有効期限を確認し、更新手続きを忘れずに行いましょう。

また、交通ルールや法令を遵守することが重要です。遵守すべき交通ルールや法令を理解し、遵守することで安全な運転環境を確保することができます。違法行為を繰り返さないように、正しい運転マナーや法律を守る意識を持ちましょう。

さらに、適切な運転訓練や教育プログラムに参加することも有益です。ドライバーズスクールや安全運転講習などに参加することで、自身の運転スキルや知識を向上させることができます。安全な運転に対する意識を高め、再犯を防ぐ重要な要素となります。

さらに、自己管理や自己コントロールも重要なポイントです。自身の運転能力を客観的に評価し、状況に応じて適切な運転を行うことが必要です。運転時には集中力を保ち、酒気や疲労による影響を受けないようにしましょう。また、仲間や家族との話し合いやサポートを活用することも有効です。再犯を防ぐためのサポート体制を整え、自身の認識と意識を高めることが重要です。

無免許運転の再犯を防ぐためには、適切な対策を講じることが不可欠です。有効期限の把握や交通ルールの遵守、適切な訓練、自己管理など、これらの対策を組み合わせることで再犯を防止することができます。無免許運転による罰則やリスクを回避し、安全で合法的な運転を心がけましょう。

顔認証制度の役割

最近注目されている顔認証制度。これが運転免許証の再取得にどのように関連してくるのでしょうか。

顔認証制度とは

顔認証制度は、運転免許の再取得手続きに使用される新しいシステムです。この制度は、従来の免許証発行手続きにおける顔写真の提出や証明書の確認などを効率化するために導入されました。

顔認証制度は、新しい免許証発行手続きの一環として運転免許センターや交通局で導入されています。この制度では、再取得を希望する個人の顔写真をデータベースに登録し、運転免許証の発行や更新手続き時に顔認証が行われます。

このシステムでは、カメラや特別なセンサーを通じて個人の顔の特徴を読み取ります。顔の輪郭や目、鼻、口などの特徴点を分析し、個人を識別するためのデータを作成します。このデータはデータベースに保存され、再取得手続き時に使用されます。

顔認証制度の導入により、従来の顔写真の提出や証明書の確認などの手続きが簡素化されます。また、個人の顔データを用いることで、免許証の不正使用や偽造の防止にも効果的なシステムとなっています。

顔認証制度は、高度な技術を用いており、個人情報の保護にも十分な配慮がされています。個人の顔データは厳重に管理され、不正なアクセスから守られています。また、個人の同意を得た上で顔データを使用するため、プライバシーの問題にも考慮されています。

顔認証制度は、再取得手続きの効率化やセキュリティの向上を図るために導入された新しいシステムです。この制度によって、免許証の再取得手続きがよりスムーズかつ安全に行われることが期待されています。

顔認証制度のメリット

顔認証制度にはいくつかのメリットがあります。まず第一に、顔認証制度は手続きの効率化を実現します。従来の手続きでは、顔写真の提出や証明書の確認など時間と手間がかかりましたが、顔認証制度を導入することで、これらの手続きを短縮することができます。顔データを事前に登録しておくだけで、再取得手続きや更新手続きがスムーズに行えます。

さらに、顔認証制度によりセキュリティが強化されます。顔データは個人を特定するための高度な技術を用いて暗号化され、データベースに保存されます。これにより、免許証の不正使用や偽造を防ぐことができます。顔認証は個人の特徴を用いて識別を行うため、免許証の盗難や紛失による不正利用を防止する効果があります。

顔認証制度は、プライバシーの保護にも配慮しています。個人の同意を得た上で顔データを使用するため、個人情報の保護についても十分な配慮がされています。顔データは厳重に管理され、不正なアクセスから守られています。

さらに、顔認証制度は利便性も提供します。顔認証は独自の特徴で識別を行うため、免許証の携帯や提示が不要となります。これにより、免許証を忘れた場合や紛失した場合でも再取得手続きが可能になります。また、個人が顔認証データを管理し、自らの免許証情報をコントロールできることも利便性の一つです。

顔認証制度は、手続きの効率化、セキュリティの強化、プライバシーの保護、利便性の向上など、様々なメリットをもたらします。これにより、免許証の再取得手続きがよりスムーズかつ安全に行われることが期待されています。

出入国スタンプの影響

出入国スタンプが運転免許の再取得にどのように影響するのか知っていますか。留学生や在外日本人にとって、特に重要な情報となります。

出入国スタンプの役割

出入国スタンプは、運転免許の再取得手続きにおいて重要な役割を果たします。では、具体的に出入国スタンプの役割について見ていきましょう。

出入国スタンプは、運転免許証の再取得手続きにおいて、免許証の有効期限の確認や運転歴のチェックなどの役割を担っています。運転免許証の有効期限は、免許証に記載されていますが、スタンプを通じて有効期限が再確認されます。免許証が失効している場合、出入国スタンプはその事実を示す証拠となります。

さらに、運転歴のチェックにも出入国スタンプが活用されます。過去の出入国スタンプを確認することで、運転免許証の再取得時に適用される規定や要件について審査することができます。違反や運転歴に問題があった場合、それがスタンプによって把握され、再取得の手続きに影響を与える可能性があります。

出入国スタンプは、運転免許証の再取得において過去の出入国履歴を確認する重要な情報源となります。運転免許証の有効期限や運転歴のチェックにより、再取得手続きが適切に行われ、免許証の再発行が正確かつ公正に行われることが保証されます。

したがって、出入国スタンプは運転免許証の再取得手続きにおいて欠かせない役割を果たします。再取得を希望する際には、過去の出入国スタンプの管理を確認し、免許証の有効期限や運転歴に異常がないことを確認することが重要です。出入国スタンプの役割を理解し、再取得手続きをスムーズに進めましょう。

出入国スタンプと再取得の関連性

出入国スタンプと運転免許の再取得には密接な関連性があります。過去の出入国スタンプは、再取得手続きにおける重要な情報源となります。

まず、出入国スタンプは免許証の有効期限を確認するための重要な手がかりです。運転免許証の持ち主が出国や入国を行った際には、パスポートに出入国スタンプが押されます。この出入国スタンプを通じて、運転免許証の有効期限が再確認されます。免許証が失効している場合、出入国スタンプがその事実を示す重要な証拠となります。

さらに、出入国スタンプは運転歴のチェックにも役立ちます。過去の出入国スタンプを見ることで、運転免許証の再取得時における規定や要件について審査することができます。例えば、過去に交通違反や事故があった場合には、出入国スタンプを通じてその情報を把握し、再取得の手続きに影響を与える可能性があります。

出入国スタンプは免許証の再取得手続きにおいて、過去の出入国履歴を確認する重要な情報源となります。有効期限の確認や運転歴のチェックにより、再取得手続きが適切に行われ、免許証の再発行が公正かつ正確に行われることが保証されます。

運転免許の再取得を希望する際には、自身の出入国スタンプを確認し、免許証の有効期限や運転歴に異常がないことを確認することが重要です。出入国スタンプと再取得手続きの関連性を理解し、適切に免許証の再取得を進めましょう。出入国スタンプの役割に注目し、再取得手続きをスムーズかつ正確に行いましょう。

その他注意点

運転免許の再取得にあたり、その他に知っておくべき情報があります。これらも理解し、問題なく申請を進めるための知識として掴んでおきましょう。

成年問題と運転免許取得

運転免許の再取得において、成年問題が関連してくることがあります。免許を再取得するためには、一定の年齢条件を満たす必要があります。具体的には、成年とされる年齢に達していることが求められます。

運転免許の再取得における成年問題は、未成年が運転免許を取得する場合と関連しています。未成年である場合、法律により制限があるため、特別な手続きや条件を満たす必要があります。例えば、保護者の同意や家庭裁判所の許可が必要なケースもあります。

さらに、未成年者が運転免許を持つ場合には、一定の制限が課せられます。例えば、時間帯や同乗者の制約などがある場合があります。これらの制限は、交通安全や未成年者の保護を目的として設けられています。

成年問題は、運転免許の再取得における年齢条件や特別な手続きに関連しています。未成年者が運転免許を取得する場合には、法的な制約や保護者の同意が求められることがあります。また、未成年者の運転免許には制限も課せられます。これらの制約や特別な手続きに関しては、地域や法律によって異なるため、詳細な情報を確認することが重要です。

成年問題に関わる運転免許の再取得は、法律や規則を遵守することが求められます。未成年者が運転免許を取得する場合には、特に注意が必要です。成年問題を理解し、必要な手続きや条件を遵守しながら、運転免許の再取得を進めましょう。

健康面からの注意

運転免許の再取得において、健康面からの注意も欠かせません。運転には集中力や判断力などの健康状態が求められるため、適切な健康管理が重要です。

まず、視力について注意が必要です。運転には正確な視力が必要であり、運転免許の再取得においても視力検査が行われます。運転時の視界が不良な場合は、免許の再取得が制限される可能性があります。運転に適した視力を維持するためには、定期的な視力検査や眼科への診断を受けることが重要です。

また、身体の健康状態も運転に大きく関わります。特に、運転中の突然の体調変化や意識の消失などは非常に危険です。運転免許の再取得にあたっては、健康診断や医師の診断が必要な場合があります。自身の健康状態を確認し、運転中に問題が生じないようにするためにも定期的な健康管理が重要です。

さらに、薬物やアルコールの摂取にも注意が必要です。運転時には、アルコールや薬物による影響を最小限に抑えなければなりません。免許の再取得にあたっては、薬物検査や飲酒の制限も存在する場合があります。法令を遵守し、自己管理を徹底することで、安全な運転環境を確保することが重要です。

健康面からの注意は、運転免許の再取得において欠かせない要素です。視力や身体の健康状態、薬物やアルコールの摂取など、自身の健康管理に配慮しましょう。健康を適切に管理し、安全で心地よい運転を行うことが大切です。再取得手続きに際しては、健康に対する十分な注意と医師の助言を受けながら、健康問題を解決しましょう。

まとめ

この記事の主要なポイントを思い出して、運転免許の再取得をスムーズに進めるための最後の確認をしましょう。

再取得手続きの要点

運転免許の再取得手続きにおいては、いくつかの要点を押さえておくことが重要です。

まず、必要な書類を事前に準備しておきましょう。本人確認書類や写真、必要に応じて補完的な書類などが求められますので、必要な書類を整理し、不足や不備がないようにしましょう。

次に、所轄の運転免許センターや交通局に来場し、申請手続きを行います。窓口での面接や適性検査が必要な場合もありますので、事前に情報を確認しましょう。また、申請書類と手数料の提出も忘れずに行いましょう。

さらに、期間の計算や手続きの進捗状況にも注意が必要です。申請から許可が通知されるまでの期間を把握し、手続きの進行状況や必要な場合の追加手続きなどを確認しましょう。

最後に、運転免許の再取得に関する注意事項や制約にも目を通しておきましょう。再取得後には特定の制限や遵守すべきルールが存在する場合がありますので、これらを理解し、守ることが重要です。

運転免許の再取得手続きにおいては、必要な書類や申請手続き、期間の計算、注意事項などを把握しておくことが不可欠です。正確かつスムーズな手続きを行うために、これらの要点をしっかりと押さえましょう。自己の情報や手続きの進行状況を把握し、問題なく再取得を進めることが大切です。

再取得を防ぐためのアドバイス

運転免許を再取得したら、再び失効しないようにするためのアドバイスをご紹介します。

まずは、免許の有効期限を定期的に確認しましょう。免許証の有効期限を把握し、更新手続きを忘れずに行うことが重要です。定期的な更新のリマインダーやカレンダーに予定を入れるなどして、有効期限が切れないように気を配りましょう。

また、運転には常に安全運転が求められます。交通ルールを守り、スピードや距離の制限に従うことはもちろん、周囲の車や歩行者との協調運転も重要です。安全な運転に意識を向け、事故を防ぐ努力を続けましょう。

さらに、運転経験を積むことも重要です。適切な訓練や運転技術の向上に取り組むことで、自身の運転能力を向上させることができます。ドライバーズスクールの受講や安全運転講習への参加など、運転に関連する教育プログラムを活用しましょう。

さらに、定期的な健康管理も大切です。視力や身体の健康状態を定期的にチェックし、問題があれば早めに対策を取りましょう。適切な視力保持や健康状態の維持は、安全な運転に重要な要素です。

再取得した運転免許を失効させないためには、免許の有効期限の確認や安全運転、運転技術の向上、健康管理などに配慮しましょう。これらのアドバイスを心掛けることで、再取得後も適切な運転を続けることができます。安全で合法的な運転を心がけましょう。


[狛江自動車学校は、運転免許取得の他にもペーパードライバー教習も行っており、一発試験での受験も特定教習、取得時講習もお任せください!狛江市だけでなく近隣の川崎市、調布市、多摩市、稲城市、府中市、西東京市、八王子市、世田谷区、杉並区からも多くのお客様がご来校されてます。当教習所の特徴としては、ご自宅からの無料送迎サービスや分からないことはすぐに公式LINEで聞くことのできる環境もご好評いただいております。また、小田急線、狛江駅から徒歩3分の所に校舎があります。ご不明点、ご質問等ございましたらお問い合わせフォームからお気軽にお問い合わせください。]

狛江自動車学校
ロゴ
交通事故を最小限に抑えることを使命として、狛江で教習所を営業しております。指定自動車教習所の指導員の資格を持つスタッフが、温かく丁寧な指導により、受講者様の運転免許の取得を全面的に支援いたします。
狛江自動車学校

〒201-0003

東京都狛江市和泉本町1-1-2 松坂ビル3階