シートベルトの重要性:安全を確保するための必須アイテム

この記事ではシートベルトの重要性について深く掘り下げます。シートベルトがどのようにして私たちの生命を守るのか、なぜシートベルトの着用が重要なのか、子供や後部座席の乗客に対するシートベルトの使い方など、詳しい情報を提供します。
狛江自動車学校
ロゴ
交通事故を最小限に抑えることを使命として、狛江で教習所を営業しております。指定自動車教習所の指導員の資格を持つスタッフが、温かく丁寧な指導により、受講者様の運転免許の取得を全面的に支援いたします。
狛江自動車学校
住所:

〒201-0003

東京都狛江市和泉本町1-1-2 松坂ビル3階

電話番号:
03-6824-7920

シートベルトとは?

まず、私たちが日常的に使っているが、その目的や機能について詳しく知らないシートベルトについて紹介します。

シートベルトの機能

シートベルトは、私たちの安全を守るために重要な役割を果たしています。その主な機能は、衝撃を吸収し、乗員の体を守ることです。事故時に突発的な停止が生じると、車の運動エネルギーは乗員の体に伝わります。シートベルトは、この運動エネルギーを分散し、乗員の体を安定させることで、重傷や命にかかわる事態を避けるのです。

具体的には、シートベルトが起こる衝撃を吸収し、乗員の体を固定することで、体の動きを制限します。これにより、事故時における乗員の体の動きを抑制し、激しい衝撃による内臓や頭部への負担や怪我を軽減する役割を果たします。

また、シートベルトは、事故時の乗員同士の衝突を防止する効果もあります。正しく着用されたシートベルトは、乗員をシートに緊密に固定し、他の乗員やインテリアとの接触を最小限に抑えます。これにより、事故時における乗員同士の接触による二次的な負傷を防ぐことができるのです。

さらに、シートベルトは車から転落するリスクを軽減する役割も果たしています。事故時には車両が横転する場合があり、車外に投げ出される可能性があります。しかし、しっかりと固定されたシートベルトは、乗員を車内に留めることができます。このことによって、車外への転落やさらなる怪我を防ぐことができるのです。

シートベルトの機能は、私たちが安全に移動するために欠かせないものです。正しく着用し、常にシートベルトの重要性を意識することで、交通事故による怪我や命の危険を最小限に抑えることができます。みんなでシートベルトを着用し、安全な移動環境を創り上げましょう。

なぜシートベルトは必要か

シートベルトはなぜ必要なのでしょうか。それは、交通事故が日常生活で起きうるリスクの一つだからです。私たちは車を利用する際、事故の発生を予測することはできません。いくら注意深く運転していても、他のドライバーの過失や予期せぬ状況によって事故に巻き込まれる可能性があります。

交通事故は突然起こり、高速で進む車の衝撃は非常に大きな力を持っています。この衝撃に対して、シートベルトは私たちを守ることができるのです。シートベルトを装着することで、事故時における体の動きを制限し、衝撃を吸収することができます。これにより、頭部や内臓の損傷を軽減し、命を守ることができるのです。

さらに、シートベルトは他の乗員や周囲の人々の安全にも関わっています。事故時には車内での乗員同士の接触や飛び出しによる他者への危険が懸念されますが、シートベルトの着用によりこれらのリスクを軽減することができます。自分自身の安全だけでなく、他の人の安全にも貢献することができるのです。

さらに、シートベルトの使用は法律によっても義務付けられています。多くの国や地域では、運転者や乗員はシートベルトを着用することが法律で求められています。これは、交通事故における怪我や死亡者数を減らすための取り組みの一環です。シートベルトの着用は義務であるだけでなく、私たちの安全を確保するための最低限の行動とも言えるのです。

シートベルトは私たちが日常的に使用するが、その重要性を忘れないことが大切です。事故は誰にでも起こりうるリスクですが、適切にシートベルトを着用することで、そのリスクを最小限に抑えることができます。私たちはシートベルトの重要性を認識し、常に安全運転の一環としてシートベルトの着用を心掛けましょう。

シートベルトの重要性

シートベルトの着用が命を救う事例を挙げて、その重要性を説明します。

シートベルト着用の事例

シートベルトの着用がどのように事故から命を守るか、具体的な事例をご紹介します。

ある日の朝、ある人が通勤途中に交通事故に巻き込まれました。相手の車が突然交差点に飛び出し、避けようがない状況で衝突してしまったのです。しかし幸いなことに、この人はシートベルトを正しく着用していました。シートベルトは衝撃を分散し、乗員の体を保護する役割を果たしました。衝突の瞬間、車は急激に停止しましたが、シートベルトの力でこの人の体は固定され、大きな負傷を免れることができたのです。

また、シートベルトの着用は事故時の生存率を高めるという統計データもあります。ある研究によれば、自動車事故におけるシートベルト未着用の乗員の死亡リスクは着用者と比べて約2倍に増加するとされています。シートベルトを着用することで、体を適切に固定して衝撃を吸収することができるため、死亡や重傷のリスクを低減させる効果があります。

さらに、後部座席の乗客にもシートベルトの着用は重要です。ある家族が車で遠出する際、後部座席で遊んでいる子供たちにもシートベルトの着用を義務付けました。その後、ほんのわずかの時間だけでしたが、事故が発生しました。この時、子供たちはシートベルトを正しく着用していたため、大きなけがをすることなく無事でいることができました。後部座席でもシートベルトを着用することで、乗員同士の衝突や転落といった危険を軽減することができるのです。

これらの事例からも分かるように、シートベルトの着用は事故に巻き込まれた時に命を守る重要な役割を果たします。私たちは毎日の移動やドライブの際、自分自身や大切な人々の安全のためにもシートベルトの着用を徹底しましょう。シートベルトは私たちの命を守るための必要不可欠なアイテムなのです。

シートベルト非着用の危険性

一方で、シートベルトを着用しないことがもたらす危険性も存在します。シートベルトを着用せずに事故に遭遇した場合、以下のようなリスクがあります。

まず、シートベルトを着用していない場合、事故時に車内での乗員同士の衝突が起こります。突然の停止によって、乗員は車内で前方や側方に飛び出す可能性があります。これによって、他の乗員やインテリアとの衝突が起こり、より重傷を負うリスクが高まるのです。

また、シートベルトを着用せずに事故に遭遇すると、車外への放出や転落のリスクも増えます。急激に停止することで車内から飛び出す場合、車外に姿を晒すことになります。車外に放り出されると、さらなる怪我や、交通や周囲の環境による危険に晒されることとなります。

さらに、シートベルトを着用しないことは他の乗員にも危険をもたらす可能性があります。事故時にシートベルトを着用していない乗員がいると、その乗員が車内で暴れ回ったり飛び跳ねたりすることで、他の乗員にケガが及ぶ可能性があります。シートベルトを着用することで、乗員同士の接触を最小限に抑え、全体の安全を確保することができるのです。

これらの危険性を考慮すると、シートベルトの着用は非常に重要です。シートベルトを着用することで、事故時における重傷や死亡リスクを大幅に低減し、自身や他の乗員の安全を確保できます。私たちは日常の移動やドライブにおいて、シートベルトを装着することを絶対のルールとし、安全意識を高めましょう。

シートベルトの着用は法律で義務付けられている場合も多くありますが、それ以上に私たち自身の安全のために、積極的にシートベルトを着用することが大切です。事故が起こりえる状況では、シートベルトの着用は私たちの命を守る最も簡単かつ効果的な手段なのです。

後部座席のシートベルト

後部座席に座る乗客に対するシートベルトの重要性と正しい着用方法を紹介します。

後部座席でのシートベルトの役割

後部座席でのシートベルトの役割は非常に重要です。後部座席に座る乗客も、シートベルトの着用は命を守るために必要な行動です。

後部座席でのシートベルトの役割の一つは、事故時における乗員の体の動きを制限することです。事故発生時には突然の停止が生じますが、シートベルトを正しく着用しているとその衝撃を吸収し、乗員の体をしっかりと固定します。このため、乗員の体は車内で暴れまわることなく、外部への衝突や飛び出しのリスクを低減することができます。

また、後部座席でのシートベルトは、乗員同士の衝突を防ぐ効果もあります。事故時には車内での乗員同士の接触が起こる可能性がありますが、シートベルトを着用することで乗員同士の距離を保ちます。これにより、事故による二次的な負傷を最小限に抑えることができます。

さらに、後部座席でのシートベルトの役割は、車外への転落や放り出しを防ぐことです。事故によって車が横転したり車外に放出される場合、シートベルトは乗員を車内に固定します。これにより、車外への転落やさらなる怪我を防ぐことができます。

後部座席でのシートベルトの着用は、乗員自身の安全だけでなく、他の乗員や車外の人々の安全にも貢献します。私たちは後部座席でもシートベルトを着用し、移動中の安全を確保するための行動を取りましょう。法律での義務付けがない場合でも、自己責任でシートベルトを着用することが重要です。シートベルトの正しい使い方を身につけ、後部座席でも安全な乗車を心掛けましょう。

後部座席でのシートベルトの正しい着用方法

では、後部座席でのシートベルトの正しい着用方法について説明します。

後部座席でシートベルトを正しく着用するためには、以下の手順を守ることが重要です。

まず、シートベルトを使ってしっかりと体を固定するために、肩部と腰部の位置を正確に調整します。肩部のベルトは肩の上を通り、胸の真上を中心に位置させます。腰部のベルトは腰骨の上を通り、常に肩から下に向けていることを確認しましょう。これにより、シートベルトが正しく体にフィットし、事故時の衝撃を効果的に吸収することができます。

次に、ベルトをしっかりと締めましょう。締め付けすぎず、ゆるすぎないように調節します。適度な締め具合が重要で、指がすんなり入るくらいが適切です。緩めすぎると、事故時にベルトが適切に機能せず、安全性が低下します。逆に、締め付け過ぎると快適性が損なわれるだけでなく、体に負担をかけることもあります。適度な締め具合を保つようにしましょう。

さらに、シートベルトのクリップを正しく固定しましょう。クリップは、ベルトを閉じるための部品で、しっかりと結合させる必要があります。クリップを閉じる際には、しっかりとベルトがすべっていないことを確認し、しっかりとロックされるように力を加えて閉じます。これにより、シートベルトが外れることなく、事故時にも確実に保護することができます。

正しい着用方法を守ることで、後部座席でのシートベルトの効果を最大限に引き出すことができます。家族や友人とのドライブや長距離移動においても、後部座席でのシートベルトの着用は欠かせません。全員が正しくシートベルトを着用して、安全な乗車環境を作り上げましょう。安全な移動は私たち一人ひとりの責任です。

子供とシートベルト

子供がシートベルトをどのように使用すべきか、子供用の安全機能について詳しく説明します。

子供とシートベルトの重要性

子供とシートベルトの重要性を理解するために、以下のポイントを考えてみましょう。

まず、子供がシートベルトを使用することの重要性です。子供は成長途中であるため、体の骨や筋肉が十分に発達していないことがあります。そのため、事故時の衝撃による怪我や内臓の損傷を受けやすいのです。こうしたリスクを軽減するためにも、子供にもシートベルトの着用を徹底する必要があります。

次に、子供を適切に保護するためのシートベルトの使用方法について考えましょう。子供用のシートベルトは、年齢や体格に応じて適切に選ばれるべきです。幼い子供の場合は、特殊な子供用カーシートやブースターシートを使用することが一般的です。これらのシートは、子供の体を適切にサポートし、衝撃吸収機能を備えています。

さらに、シートベルトを正しく装着するための注意点も重要です。子供がシートベルトを正しく着用するためには、ベルトが身体の正しい位置に位置していることが重要です。肩部のベルトは肩の上を通り、胸の真上に位置させます。腰部のベルトは腰骨の上を通り、しっかりと固定されるようにしましょう。これによって、子供の体が事故時に適切に保護されることができます。

子供とシートベルトの重要性は、私たち保護者や大人の責任でもあります。車に乗る際には、子供たちにシートベルトの大切さを教え、徹底的に着用させることが必要です。特に長距離移動や高速道路での移動時など、事故の発生リスクが高まる場面では特に慎重になるべきです。

子供たちがシートベルトを正しく着用することで、事故時のリスクを最小限に抑え、安全な移動を実現することができます。親や保護者は子供たちにシートベルトの重要性を説明し、良い習慣づけを心掛けましょう。子供たちの未来を守るためにも、シートベルトの着用は欠かせない要素です。

子供用シートベルトの選び方

では、子供用シートベルトを選ぶ際のポイントについて説明します。

まず、子供用シートベルトを選ぶ際には、子供の年齢や体型に合わせて適切なサイズを選ぶことが重要です。一般的に、幼児や幼稚園児向けのカーシートがあります。これらのカーシートは成長に合わせて調整できるタイプや、子供の体型に適した形状が特徴です。また、小学生以上の子供にはブースターシートが適しています。ブースターシートは、成人に近い体格に合わせたデザインで、シートベルトを適切に装着するためのブースター効果があります。

次に、子供用シートベルトの安全性に注目しましょう。シートベルトは事故時の衝撃を吸収し、乗員の体を守る役割を果たします。したがって、子供用シートベルトの安全性は非常に重要です。安全基準を満たしている製品を選ぶことが大切です。製品には、国際的な安全基準であるEUのECE R44/04規格や米国のFMVSS 213規格への適合表示があるか確認しましょう。これらの基準を満たしているかどうかを確認することで、より安全な選択が可能となります。

さらに、子供用シートベルトの使い勝手も考慮しましょう。使い勝手の良いシートベルトは、簡単に取り付け・取り外しができ、簡便な調整機能を備えています。また、洗濯可能なカバーやクッション性の良い素材が使用されているかも確認しましょう。これらの機能は、快適性や清潔さを保つために重要です。

子供用シートベルトの選び方には慎重さが求められます。年齢や体型に合ったサイズを選び、安全基準を満たしている製品を選択することが重要です。また、使い勝手の良い機能も考慮し、子供が快適かつ安心して使用できるシートベルトを選ぶようにしましょう。子供の安全は最優先です。

事故時のシートベルト

交通事故が発生した時、シートベルトがどのような役割を果たし、命を救うかを詳しく説明します。

事故時のシートベルトの役割

事故時におけるシートベルトの役割は非常に重要です。事故が発生すると、突然の停止によって運動エネルギーが乗員に伝わりますが、シートベルトはこの運動エネルギーを吸収し、乗員の体を保護する役割を果たします。

まず、シートベルトは乗員の体の動きを制限する効果があります。事故時には車が急激に停止するため、乗員は前方や側方に押し出される力がかかります。しかし、シートベルトを正しく着用していると、乗員の体は車内にしっかりと固定されます。これにより、乗員の体が車内を暴れ回ることを防ぎ、衝撃を適切に吸収することができます。

また、シートベルトは乗員同士の衝突を防ぐ効果もあります。事故発生時に車内での乗員同士の接触が起こることは少なくありませんが、シートベルトを着用していると乗員同士の距離が保たれます。これにより、事故によって生じる二次的な負傷を最小限に抑えることができます。

さらに、シートベルトは乗員の車外への放り出しを防ぐ役割も果たします。事故時に車が横転したり車外に放出される場合、シートベルトは乗員を車内に固定します。これにより、車外への投げ出しやさらなる怪我を防ぐことができます。

事故時におけるシートベルトの役割は、乗員の安全を最大限に確保することです。正しく着用されたシートベルトは、怪我や死亡に至るリスクを大幅に軽減する効果があります。私たちは常にシートベルトの着用を心掛け、安全意識を持った行動をとることで、事故時のリスクを最小限に抑えることができます。シートベルトは私たちの命を守るための重要な安全装置であり、交通事故の際に欠かせないアイテムです。

シートベルトが軽減する負傷

シートベルトの着用は、事故時における負傷の軽減に効果があります。具体的な負傷の軽減効果について考えてみましょう。

まず、シートベルトの着用によって頭部への負傷が軽減されます。事故が発生すると、急激に停止することで乗員の体は前方に動きますが、シートベルトが頭部をサポートすることで、頭部の急激な遠心力による外傷を軽減する効果があります。このため、頭部への打撲や外傷を最小限に抑えることができます。

また、シートベルトの着用によって胸部への負傷も軽減されます。事故が発生した際、シートベルトは衝撃を吸収し、胸部の急激な動きを制限します。胸部への衝撃が和らぐことで、内臓や肋骨の損傷を最小限に抑えることができます。

さらに、シートベルトの着用は下腹部への負傷も軽減します。事故時に急激な停止が生じると、下腹部にも大きな力がかかりますが、シートベルトを着用することで腰骨をサポートし、腹部の内臓への圧迫を緩和する効果があります。これにより、腹部の臓器損傷や内臓出血の可能性を低減することができます。

シートベルトの着用は、事故時の負傷の軽減に効果があることが分かります。適切に着用することで、頭部や胸部、下腹部などの重要な部位への衝撃を最小限に抑え、乗員の安全を確保することができます。シートベルトの着用は私たちが行うべき基本的な安全対策であり、事故時の怪我や重傷のリスクを大幅に軽減する役割を果たします。安全な移動のために、常にシートベルトの着用を徹底しましょう。

日常でのシートベルトの扱い

日常的に車を運転する際、シートベルトの着用はどのように行うべきかについて説明します。

シートベルトの正しい着用法

シートベルトを正しく着用することは、安全な移動のために非常に重要です。以下に、シートベルトの正しい着用法を説明します。

まず、シートベルトを使用する際には、肩部と腰部を正確に固定する必要があります。肩部のベルトは肩の上を通り、胸の真上に位置させましょう。腰部のベルトは腰骨の上を通り、常に肩から下に向けていることを確認しましょう。このように正しく配置することで、シートベルトが体に適切にフィットし、事故時の衝撃を効果的に吸収することができます。

次に、シートベルトをしっかりと締めましょう。締めすぎず、ゆるすぎないように調節します。適度な締め具合が重要です。緩めすぎると、事故時にシートベルトの機能が十分に発揮されず、安全性が低下します。逆に、締め付け過ぎると快適さが損なわれるだけでなく、体への負担も増えます。適度な締め具合を保つようにしましょう。

さらに、シートベルトのクリップを正しく固定しましょう。クリップはシートベルトを閉じるための部品で、しっかりと結合させる必要があります。クリップを閉じる際には、しっかりとベルトがすべっていないことを確認し、力を加えて閉じます。これにより、シートベルトが外れることなく、安全性を確保することができます。

シートベルトを正しく着用することで、事故時における安全性を最大限に引き出すことができます。適切な位置に肩と腰のベルトを配置し、しっかりと締め付け、クリップを固定することが重要です。常にシートベルトの正しい着用方法を守り、安全な移動環境を作り上げましょう。私たち一人ひとりの行動が、交通事故の被害を最小限に抑える一助となります。

ドライブ中の注意点

ドライブ中におけるシートベルトの注意点をご紹介します。

まず、運転中でもシートベルトをはずさないように心掛けましょう。長時間の運転や暑い日など、シートベルトが不快に感じることもありますが、安全のためには着用を続けることが重要です。定期的に休憩を取る際にも、シートベルトを外すことなく、適度なストレッチや休息をとるようにしましょう。

また、乗降時にもシートベルトの扱いに注意が必要です。ドアを開ける前にシートベルトを外し、乗車時にはすみやかにシートベルトを着用しましょう。同様に、目的地に到着してドアを開ける前にも、シートベルトを外すことなく、安全を確認しながら車内で待機しましょう。

さらに、後部座席の乗客にもシートベルトの着用を促しましょう。後部座席でもシートベルトを着用することで、乗員同士の衝突や転落による危険を軽減することができます。特に子供や幼い乗客がいる場合には、シートベルトを着用させることを徹底しましょう。

ドライブ中の安全性を高めるためには、シートベルトの正しい着用だけでなく、運転中の注意も重要です。スピード違反やスマートフォンの使用、飲酒運転など、危険な行動は避けましょう。常に交通ルールと道路標識を守り、周囲の状況に注意を払いながら運転を行いましょう。

シートベルトは私たちの安全を確保するために重要な役割を果たします。ドライブ中にはシートベルトをはずさず、乗降時や後部座席の乗客にも着用を促すことで、より安全なドライブ環境を作り上げましょう。交通事故から自身と大切な人々を守るために、シートベルトの着用を欠かさずに行動しましょう。

シートベルトを使う全ての人へ

このセクションでは、読者全員が理解しておくべきシートベルトの重要性を再度強調します。

シートベルト未着用のリスク

シートベルトの未着用は、重大なリスクをもたらします。シートベルトを着用せずに事故に遭遇した場合、以下のような危険性があります。

まず、シートベルト未着用の乗員は、事故時の衝撃を受けた際に車内を暴れ回る可能性があります。突然の停止によって、乗員は前方や側方に投げ出される恐れがあります。乗員同士の接触や車内のインテリアとの衝突による二次的な怪我のリスクが高まることがあります。

また、シートベルト未着用で事故に遭遇した場合、外部への放り出しや転落のリスクも増えます。急激に停止することで車外に投げ出される可能性があります。さらに、車が横転したり車外に放出される場合も、シートベルトのない乗員はさらなる怪我や危険に晒されることになります。

シートベルト未着用は、乗員だけでなく他の人々にも影響を与えることがあります。事故時にシートベルト未着用の乗員がいると、乗員同士の接触や衝突によって他の乗員にケガを負わせる可能性があります。

これらのリスクを考慮すると、シートベルトの未着用は避けるべきです。シートベルトの着用は、私たち自身や他の人々の安全を確保するために重要な行動です。常にシートベルトを着用し、交通事故時のリスクを最小限に抑えましょう。シートベルトの装着は、私たち一人ひとりが守るべき義務であり、道路での安全運転の基本です。

シートベルト着用の推奨

シートベルトの着用は、誰もが実践すべき推奨される行動です。なぜなら、シートベルトの着用は私たち自身の安全を保護するための簡単で効果的な手段だからです。

まず、シートベルトを着用することで、交通事故による怪我や死亡のリスクを大幅に減らすことができます。シートベルトは衝撃を分散し、乗員の体を保護する役割を果たします。正しく着用することで、頭部や胸部、下腹部などの重要な部位への衝撃を最小限に抑え、命を守ることができます。

また、シートベルトの着用は法律で義務付けられている場合もありますが、それ以上に私たちの安全を確保するために積極的にシートベルトを着用することが重要です。何よりも、自身や周囲の人々の命を守るための行動です。

シートベルトを着用することは、私たちが選ぶべき責任ある行動です。シートベルトの着用は習慣化することが重要であり、誰もが常にシートベルトを着用することを心掛けるべきです。

交通事故は予測できないものですが、シートベルトの着用はそのリスクを軽減するための有効な手段です。私たちは常に安全を最優先に考え、シートベルトの着用を徹底しましょう。シートベルトは私たち自身の安全を守るための必須のアイテムであり、安全なドライブへのコミットメントを示す行動です。

まとめ: シートベルトの重要性

ここでは、記事全体の重要なポイントをまとめ、シートベルトの重要性を強調します。

シートベルトの重要性の再確認

シートベルトの重要性を再確認しましょう。シートベルトの着用は交通事故における命の保護に直結します。正しく着用することで、事故による怪我や死亡のリスクを大幅に軽減できます。私たちは常に安全を最優先に考え、シートベルトを欠かさずに着用しましょう。自分自身と大切な人々の安全のために、シートベルトの重要性を忘れずに行動しましょう。

シートベルトの日常的な使用をなぜ推奨するか

シートベルトの日常的な使用を推奨する理由はいくつかあります。まず第一に、日常的な使用は緊急時の反応を身につけることができます。緊急事態においては、シートベルトを自然と着用することができるよう、日常的に習慣化しておくことが重要です。

さらに、日常的な使用は他の人々への模範となります。私たちの行動が周りの人々に影響を与えることはよくあります。シートベルトの日常的な使用が当たり前の行動として広まることで、他の人々にも安全意識を高めるきっかけを与えることができます。

また、日常的な使用は事故の予防につながります。予期せぬ状況での事故にも備えるため、日常からシートベルトの着用を習慣化し、安全な状態で移動することが重要です。自分自身の安全だけでなく、周囲の人々との共同の安全環境を作り上げるためにも、シートベルトの日常的な使用を推奨します。

シートベルトの日常的な使用は私たちの生活における重要な安全対策の一つです。自分自身や他の人々の命を守るために、シートベルトの着用を欠かさずに行動しましょう。常に安全第一の意識を持ち、シートベルトの日常的な使用を推奨します。



[狛江自動車学校は、運転免許取得の他にもペーパードライバー教習も行っており、一発試験での受験も特定教習、取得時講習もお任せください!狛江市だけでなく近隣の川崎市、調布市、多摩市、稲城市、府中市、西東京市、八王子市、世田谷区、杉並区からも多くのお客様がご来校されてます。当教習所の特徴としては、ご自宅からの無料送迎サービスや分からないことはすぐに公式LINEで聞くことのできる環境もご好評いただいております。また、小田急線、狛江駅から徒歩3分の所に校舎があります。ご不明点、ご質問等ございましたらお問い合わせフォームからお気軽にお問い合わせください。]

狛江自動車学校
ロゴ
交通事故を最小限に抑えることを使命として、狛江で教習所を営業しております。指定自動車教習所の指導員の資格を持つスタッフが、温かく丁寧な指導により、受講者様の運転免許の取得を全面的に支援いたします。
狛江自動車学校

〒201-0003

東京都狛江市和泉本町1-1-2 松坂ビル3階